【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ミランはラビオ獲得に動いており、テクニカル・ディレクターのモンカダは代理人のヴェロニクと接触している



 

【JuveFC.com】

ACミランは、ユベントスとアドリアン・ラビオの契約合意が成立していない状況を利用し、フランス人選手を獲得しようとしています。

ユベントスはラビオに新しい契約を提案しており、現行契約は今月末で満了します。

このフランス人ミッドフィルダーは過去2シーズンで素晴らしいパフォーマンスを見せており、クラブは彼を残留させたいと考えています。

 

 

ユベントスは彼が重要な選手であり、ラビオを失うわけにはいかないと主張していますが、フランス人選手は彼らのオファーにまだ返答しておらず、契約満了までの時間が迫っています。

現地ではミランへの移籍の噂が浮上しており、Il Bianconeroの報告によれば、ミランのテクニカル・ディレクターであるジョフリー・モンカダは彼の代理人である母親と接触し、移籍の際の費用について話し合いました。

このニュースはユベントスにとって好ましくなく、ビアンコネリは選手からできるだけ早く回答が届くことを望んでいます。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓