【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


アル・ナスルから強い関心を寄せられるシュチェスニー、しかしユベントスはいまだ「イエス」と答えず。その理由は…



 

【JuveFC.com】

ヴォイチェフ・シュチェスニーがユベントスを去り、サウジアラビアに移籍する準備を整えているとされています。これに伴い、ビアンコネリは新たなナンバーワンゴールキーパーを迎える準備を進めています。

クラブはシュチェスニーのパフォーマンスに満足していますが、同時にモンツァのミケーレ・ディ・グレゴリオとの契約を確保し、彼を次シーズンからのファーストチョイスゴールキーパーとして起用することになっています。

クラブはディ・グレゴリオがチームにとって貴重な補強となると確信しており、彼がゴールキーパーのポジションを引き継ぐことが予想されています。

 

 

これにより、ヴォイチェフ・シュチェスニーはベンチに降格することになりますが、幸いにも彼はサウジアラビアのアル・ナスルに興味を持たれており、彼が拒否できないほどの給料が提示されています。

ユベントスはこの進展に満足しており、移籍金でより多くの資金を望んでいます。この移籍でユベントスにとって最大の利点は、シュチェスニーの高額な給与を節約できることですが、クラブは依然としてより多くの資金を求めています。

ilBianconeroによると、アル・ナスルがこれまでに提示した400万ユーロよりもっと多い金額をユベントスは期待しているため、取引はまだ最終決定されていないと報じられています。

ただし、この移籍はEURO2024の終了後に完了すると予想されています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓