【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


Nicolo Schira「モイズ・キーンはチアゴ・モッタの計画に含まれていない。給与カットを受け入れてでも移籍を選ぶだろう」



 

【Nicolo Schira】

モイーズ・キーンはチアゴ・モッタの計画には含まれておらず、今夏ユベントスを離れる準備ができています。

フィオレンティーナとボローニャが彼について問い合わせており、さらに昇格したばかりのパルマもキーンに関心を寄せています。

現在問題となっているのはキーンの300万ユーロの年俸になります。しかし、彼はどこか他のチームでプレーするために給与カットを受け入れると考えられています。

 

今シーズン、ノーゴールに終わったことで「ディフェンシブ・フォワード」という新境地を切り拓いたアラレ。

まぁ、このまま残留しても出番があるか分かりませんし、給与カットを受け入れるのは良い判断と言えるかもしれません。

編集長としては「出場して40秒で退場するバイタリティの持ち主」って所を評価して欲しい部分もございますが。