【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


現地ジャーナリスト「コープマイネルスに6000万ユーロの価値は無い。適正金額は…」



 

【JuveFC.com】

マッシモ・パヴァンは、ユベントスがアタランタのミッドフィールダー、トゥーン・コープマイネルスに興味を持っていることについて話し、ビアンコネリが彼を獲得する際に直面する課題を強調しました。

ユベントスはコープマイネルスの主要な求婚者の1つであり続けていますが、彼はプレミアリーグへの移籍の可能性もあり、リバプールが興味を示していると報じられています。

 

 

アタランタはコープマイネルスの価値を認識し、彼の売却について強気な姿勢を保っています。

ラ・デアは彼を放出する際に利益を最大化したいと考え、6000万ユーロの価格設定をしました。

ユベントスは4000万ユーロを支払う意思がありますが、アタランタはこのオファーが不十分だと考えています。

彼らはオランダ人ミッドフィルダーの退団を歓迎するものの、それは適切な価格が提示された場合のみであり、しかしパヴァンはその評価に賛同していません。

彼はTuttoJUVEによる引用で次のように述べています。

「ユベントスには限られた予算があり、リソースを浪費させる訳にはいきません。彼らは効果的に資金を投じなければなりません。

コープマイナースは素晴らしい選手であるものの、しかし6000万ユーロの価値はありません。4000万ユーロが適正だと考えます。その金額に見合うかどうかを議論すべきです。」

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓