【Majiニュース】セビージャ戦負傷交代のファジョーリ、鎖骨骨折で今シーズン終了に…



 

 

 

 

【JuveFC.com】

ユベントスのミッドフィールダー、ニコロ・ファジョーリが、骨折した鎖骨を治すために手術を受けることになると、Football Italiaが明らかにしました。

このイタリア人ミッドフィールダーは、昨夜セビージャで行われたヨーロッパリーグ準決勝の第2戦で負傷を負い、ピッチを後にしました。

ビアンコネリは今シーズン怪我に見舞われており、更に選手を失うことになります。

ファジョーリは手術を受けたあと、今シーズン中は戦列に戻ることはないと考えられています。

クラブは今シーズン終了後のプレシーズンキャンプに、ミッドフィルダーが怪我から戻ることを望んでいます。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

【編集長ミツひと言】

セビージャ戦の前半41分、セビージャの誰かと接触した後、ピッチに倒れ込んだファジョリー。

そんなに激しいプレーではなかったので心配していなかったものの、そのまま担架で運ばれて交代を強いられることに。

若干嫌な感じはしていましたが、検査の結果は左鎖骨の骨折。

今シーズン、まさに大きな飛躍を遂げた22歳の小僧でしたが、最後の最後に試練が待ち受けていました。

 

 

 

 

 

 

まぁ、「しゃーない!」ですし、それこそ「残りわずか3試合」「オフの期間、治療に専念できる」と考えるしかありませんね。

恐らくファジョリー自身は大きなショックを受けているとは思いますが、まだまだここからジャングる年代であり、ここで3試合欠場したところでキャリアが大きく変わることはなし。

ユッティなんて手術後の状況について全く報じられませんし、それこそ復帰を待ち侘びるコメントなんてほとんど目にしない中、ファジョリーに対して寄せられる励ましのコメントを目にすると、今シーズンどれだけ頑張ったかが分かります。

まぁ、BOYはBOYなりに、ゆとりながらも頑張ってはいたのですが。

兎にも角にもファジョリーは全く無理するタイミングではなし。

じっくりコトコトとリハビリに専念して、来シーズンに向けたキャンプで元気な顔を見せて頂ければと存じます。