【チャラチャッチャチャラチャー】2022-23シーズン第7節 vs モンツァ戦 マッチレビュー

 

 

チャラチャッチャチャラチャー

 

 

チャラチャッチャチャラチャー

 

 

チャラチャー

 

 

チャラチャチャチャラチャチャチャー

 

 

 

 

これ、なんのことか分かります?

 

ムーディ勝山が歌って当時一世を風靡した、「右から来たものを左へ受け流すの歌」のイントロの部分なんですが、なんで急にこんな昔のネタを取りあげたかと言うと、ストロッパ解任を受けてモンツァの監督に就任したパッラディーノに関して、現役時代はユベントスの選手だったんです。セリエBでも一緒に戦いましたね。

 

 

 

 

 

 

そんでこのパッラディーノなんですが、ちょびヒゲを生やしていた事もあり、月ユベでの愛称は「ムーディ勝山」。

昨日の試合開始前は「パッラディーノは監督になってもムーディってるな」って思ったんですけど、まさかユベントスの攻撃を右から左に受け流すとは思いませんでした。

これまで6試合を戦ってわずか勝ち点1だったチームに勝利をプレゼントしたんですから、監督としての素質があるに違いありません。

試合後はサポーターも「チャラチャッチャチャラチャー」と、パッラディーノを称賛するチャントを歌っていたようなので、現地でも受け入れられている様子。ユベントスにとっては散々な試合ではありましたがOBの活躍は、少しだけ心が温まるものがありました。

 

 

 

 

 

温まるかいっ!

 

 

 

 

 

 

って事で、負けました。

 

 

勝たなくてはならない試合で負けました。

 

 

「メガネの4点縛り」に期待したのですが、4点どころか1点も奪えず。

 

 

さすがに厳しくなって来ましたな。

 

 

 

 

 

そして試合を難しくしたのは、前半40分のラーメン師匠の左エルボーである事は間違いなし。

一瞬、「えっ、台風の影響で映像が乱れていたけど、いきなりストリートファイターのゲーム実況に変わったの?」って思ったほど、見事に左肘でエルボってましたが、さすがにあれはダメですわ。

もしかしたら「左エルボー」ではなくて「右エルボー」であれば、パッラディーノ率いるモンツァの選手は右から左に受け流したかもしれませんが、上記の画像の通り左からとなると想定外で完全にガチでエルボーを受ける事になり、そしてラーメン師匠も退場処分に。

ラーメン師匠くらいのベテランであれば、「パッラディーノが監督に就いたなら、左からではなくて右からだな」くらいの冷静な判断の上で、エルボる事が出来たんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

そー言う事じゃない!

 

 

 

 

 

うん、チームの窮地にそう言う事じゃないんだよ…

 

 

 

 

まぁ、ラーメン師匠が退場になる前の40分間も散々でしたし、例え11人対11人で90分を戦ったとしても、ユベントスが勝利を収めたとは限りませんし、ぶっちゃけその可能性は決して高いものではなかったと思います。

完全に自信を失っていますし、それにより「あと一歩」が出ない。

この試合でもボールホルダーがパスの出し所を探すシーンが散見されており、やはりそれは「もらう側の意識」による所が大きいと思っています。

ちょっと表現が正しいか分かりませんが「腰が引けてる」って感じですかね。

もっと積極的に顔を出して、躍動感溢れるウェイウェイな姿を見せて欲しいと願います。

 

 

 

 

あとはこれまで幾度となく月ユベでもユベらじでも口にしているのですが、「形」が欲しいですね。

って優香、具体的に言えば「もっとキンタを活かしてくれ」です。

ペキカンに前線で孤立していますし、いくらシュートが上手いキンタと言えども、あれでは「タマタマの持ち腐れ状態」。せっかくのタマタマがもったいないです。

 

「ヴラホビッチに徹底的に楔のパスを入れる」でも良いですし、「ヴラホビッチのサポート役としてディ・マリアをトップ下に付ける」でも良いですし、「コスティッチがボールを持ったらヴラホビッチ目掛けてボールを入れる」でも良いですし、この‘’100億円の男‘’を活かす為にもう少し形や約束事を決めないと、相手にとっても脅威を与える事も、ゴールネットをタマタマする事も出来ないんじゃないかと考えます。

って優香、もはやチームが上手く回っていないのであれば、徹底的に秀でた個人に頼るしかないっしょ。

 

 

 

 

この試合結果を受けて「もしかしたらヒロシ解任かな」と思ったものの、ユベントスは続投を決断したようですし、であれば「ヒロシ頼んだぞ」と言うしかありません。

 

たぶん、編集長史上で「最も厳しいシーズンのひとつ」に挙げられる感じですが、とは言っても国内リーグはまだ30試合ありますし、チャンピオンズにしても決勝トーナメント進出の可能性は十分に残されています。

であれば、編集長はクラブを、そして選手たちを後押しするのみであります。

 

 

 

 

まぁ、負けちまったもんはしゃーない!

 

 

ラーメン師匠がエルボっちゃったのもしゃーない!

 

 

ユッティに覇気が感じられないのもしゃーない!

 

 

事あるごとにポヌッチがキャプテンぶるのもしゃーない!

 

 

後半残り15分でのアラレ投入がデフォルトになってるのもしゃーない!

 

 

 

 

向かうべきは次のボローニャ戦!

 

 

 

って事で次は勝つ!

 

 

 

下なんか向いてらんねーぜ!

 

 

 

 

Forza Juve!

 


▶耳で楽しむユベントス



【最近の記事】

Thumbnail of new posts 164

: トピックス

【Topics】マッカビ・ハイファ戦、アッレグリ試合後コメントまとめ

アッレグリ 幾つかの側面から試合を見て改善をする必要があるでしょう。 2対0にな ...
Thumbnail of new posts 072

: 採点

【Goal Italia】マッカビ・ハイファ戦 採点

8.0:ラビオ、ディ・マリア 6.5:ヴラホビッチ 6.0:クアドラード、ダニー ...
Thumbnail of new posts 169

: ショートニュース

【ショートNEWS】ユベントスの攻撃を牽引するヴラホビッチに、PSGとバイエルンが関心か!

Gazzetta PSGとバイエルンがヴラホビッチに興味を持っており、夏のマーケ ...
Thumbnail of new posts 043

: headline

【10/5最新・ヘッドライン】マッカビ・ハイファ戦は4-3-3を採用か!

ヘッドライン     10月5日 マッカビ・ハイファ戦は4- ...
Thumbnail of new posts 161

: プレビュー

【掴むぜCL初勝利!】2021-22シーズンCL GL第3節 vs マッカビ・ハイファ戦 プレビュー

  PSG戦とベンフィカ戦に敗れ、今シーズンの「テッテレ・オブ・ザ・イ ...
Thumbnail of new posts 133

: トピックス

【Topics】マッカビ・ハイファ戦 アッレグリ前日会見まとめ

「負けられない止まれない、カッパえびせん状態」となっているユベントスですが、ヒロ ...