【ショートNEWS】Fabrizio Romano:「デ・リフトのバイエルン移籍にHere We Go!」

Fabrizio Romano

マタイス・デ・リフトのバイエルン移籍にHere We Go!

ユベントスとバイエルンの両クラブ間は、デ・リフトの移籍について合意に至った。取り引きはトータルで8000万ユーロに上る。

オランダ人センターバックはすでにドイツ王者と個人合意に達しており、契約は2027年6月までの5年契約となる。

 

遂に出てしまいました、マタイス・デ・フトシへのHere We Go!

Here We Go!が出た以上、もう誰もこの話を止める事が出来ませんし、杏里にしても「I can’t stop loneliness」でございます。

 

 

そして気になる移籍金に関しては、基本が7000万ユーロで、そこにボーナス1000万ユーロが付いてトータル8000万ユーロの取り引きになると伝えられておりまして、「ユベントスが要求している」と言われていた9000万ユーロには届かず。

しかし先週、ユベントスSDの魔法使いサリーハミジッチがイタリア入りした際に提示した金額は「6000万ユーロ(+ボーナス)」とも言われていたので、再度の交渉があり、そこで「もう一声!」があった事は間違いないでしょう。

 

 

改めてになりますが、Here We Go!が出た以上は、誰もこの話を止める事は出来ませんし、あみんにしても「わたし待つわ、いつまでも待つわ、例えあなたが振り向いてくれなくても」と口にした所で、『デ・リフト残留』の報道は届きません。

となれば、我々が考えるべきは「アフター・フトシ」、ただそれだーけーよ。

冷静になって考えて頂きたいのですが、現在のユベントスCB陣は「ファーストチョイスはポヌッチ、セカンドチョイスは揉太郎」と言う、超絶壮絶気絶しそうな布陣となっておりまして、少しドライな言い方にはなりますが、フトシに想いを寄せる余裕などありません。

とっととハム太郎にパウ・トーレスなり、ブレーメルなり、ガブリエルなり、アカンジなり、ミレンコビッチなり、計算できるセンターバックの獲得に本気と書いてMajiに向かって頂きたいと願うばかりであります。

 

 

最後に重ねてお伝えさせて頂きますが、Here We Go!が出た以上は、誰もこの話を止める事は出来ませんし、爆風スランプにしてみれば「走る走る俺たち、流れる汗もそのままに」と、次のチャプターに向かって走るしかありません。

 

 

Go!

 

Go!

 

Go!

 

Go!

 

 

Goひろみ!

 

 

 

アーチーチアーチ!

 

 

燃えて行こうぜ2022年夏のメルカートォォォォォオオオオオ! 



(記事終わり)

※下段に「コメント欄」あり。ぜひ、感想等をお残し下さい!

【月ユベ周りコンテンツ】

ユベらじ  |  ユベントス会議室  |  Twitter  | 
 |  Instagram  |  編集長ミツのオススメ商品  | 
 | amazon欲しいものリスト  |  giftee  |