【ニュース・ヘッドライン】
(SKY)ユベントスはアドリアン・ラビオとの契約を更新する準備ができている。しかし、多くは今シーズンの結果、特に来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権の有無に左右されるだろう。
(編集長ミツ)不正してでも4位以内に入って下さい。ただし、バレないようにヨロ。




【NEWS】ユベントス、今シーズン限りでトランスファー・フリーとなるポグバ獲得に本腰か!

まぁ、夏と言えばポグバであり、ミリンコヴィッチ=サヴィッチであり、そして最近ではスカマッカであるのですが、こと今回のポグバについては「トランスファー・フリー」と言う強めのカードが提示されているので、「はい、また風物詩が届きましたね」的なものでは片付けられないと捉えています。

 

 

Gazzetta

ユベントスはこの夏、フリートランスファーでポグバを獲得する為に動き出した。ビアンコネロは750万ユーロの年俸を提示しているものの、フランス人ミッドフィルダーはマンチェスターで倍のサラリーを手にしている。

 

最終的にはポグちゃんの「漢気次第」って感じもしますが。

 

 

また、このポグちゃんの件については、どうやらハゲ頭からも「Goサイン」が出ているようで、それもそのはず、ポグちゃんはユベントスを離れる前の2014-16までヒロシの指導を受けており、2014-15シーズンは41試合の出場で10ゴール・11アシスト、翌2015-16シーズンは49試合で10ゴール・13アシストを記録。ヒロシにしてもハゲ頭の中に良いイメージが残っているに違いありません。

また、今シーズンは兼ねてから「ミッドフィルダーの得点が必要」とヒロシが口にしているのは周知の事実であり、その期待に応えるべく、ポグちゃんは「うってつけの存在」と言えるに違いありません。

 

 

この所はポグちゃんのみならず、ミリンコヴィッチ=サヴィッちゃんの名前なども挙がっており、ユベントスは新シーズンに向けて中盤の補強を考えている事は間違いなし。その中で「トランスファー・フリー」「ユベントスでのプレー経験あり」「ヒロシの変態に慣れている」と言う部分を鑑みると、ユベントスがポグちゃんに狙いを定めてアタックナンバーワンしていてもおかしくありません。

 

まぁ、最終的にはツヨポンやキンタがそうだったように、「ユベントスでプレーしたい」と言う気持ちを見せるかどうか。ポグちゃんが漢気を見せてくれる事に、編集長は淡く切なく期待しております。



(記事終わり)


ユベントスのボヌッチ放出の判断は...

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...