ジェノアにレンタル中のロベッラ、冬のマーケットでユベントスに帰還する可能性は???(ショートニュース)

Romeo Agresti 

ユベントスはジェノアに貸し出しているロベッラについて、噂に挙がるように契約を切り上げて冬のマーケットでチームに戻すような事は考えていないようだ。

 

今年の1月にユベントス加入が発表され、そのまま2022年6月までジェノアでプレーする事も伝えられたロベッラ。18歳での挑戦となったセリエAの舞台は、22試合の出場(スタメン14回)に留まったものの、今シーズンはジェノアにとって欠かす事の出来ない中盤のキーマンとなっており、公式戦全12試合に出場して4アシストを記録。現在、1勝5分5敗の勝ち点8と17位に低迷するチームにおいて、圧倒的な存在感を放っております(よく試合を見てないから分からないけど、たぶん放ってるはず)。

ロベッラはタイプとしてはレジスタになり、少し気の早い話ではありますが、来シーズンユベントスに戻る事になればツヨポンとのツーボランチが実現する可能性もあり。この2人が並んだ場合、若干ディフェンスのフェーズで不安は残りますが、それ以上に軽快なリズムでボールが回るシーンが想像出来ますし、それこそディフェンスについてはサイドに池崎でも配置して「守備はよろちくび」で何とかなるはずです。

 

 

イタリア代表としてもU-17からU-18、U-19、そして現在はU-21でプレーしており、近い将来、トップチームでロボ、ポヌッチ、キー坊、ゴロー、ツヨポン、ユッティあたりと共にプレーする可能性もあり。ユベントスのみならず、イタリア代表の将来を背負う選手としても期待が集まる所であります。

 

 

今回は『冬には戻って来ないよ』と言うニュースになりましたが、まずはジェノアで経験を積み、ユベントスの主力になるくらいの選手となって、来シーズンは戻って欲しいと望む所です。

 

 

まとめ

チンピラーロからなにか悪い影響を受けない事だけを祈るばかりです。

 

【オススメのユベらじ📻】