ユベントス、CBの要であるデ・リフト売却をチェルシーに売却か!?(ショートニュース)

Nizzar Kinsella

欧州王者のチェルシーはユベントスからデ・リフトを獲得しないかと打診されている。しかし、オランダ人センターバックの週給は28万ポンドにも上り、チェルシーにとっても大きな負担となるだろう。

 

ぶっちゃけ飛ばしに近い記事ではある事は間違いないのですが、このNizzar Kinsellaさんと言うのはGOAL.comのチェルシー番の記者の方で、単に『PV稼ぎ』で片付けられないのも確か。そして「火のないところに煙はナンジャラ」とも言いますので、編集長的には念の為に注意はしようと考えているところです。

 

 

そんなニュースを目にして気になるのは今シーズンのフトシの起用法。今シーズン行われた公式戦12試合のうち9試合でスタメンフル出場はしているものの、しかし現在のチームにおいて変なベテランのおっさん達が頑張っている事もあり、『絶対的なレギュラー』と言えないのも確か。実際にインテル戦では出場機会を与えられず、その辺りの事についてオラオラがナンジャラカンジャラと不満を口にしているとか、していないとか言われているのも気になる部分ではあります。

 

 

しかし、いずれにしてもユベントス加入3シーズン目を迎え、フトシがユベントスのディフェンス・リーダーである事は間違いなく、更に言えば編集長的にはキャプテンを任せちゃってもいいんじゃないかな、なんて思っています。

とは言え、いまはキュンが副キャプテンに就いてブイブイ言わせている時期なので、まずは第三キャプテンを任せる位からのスタートでも良いかと。フトシにしてみれば責任感が増すでしょうし、ユベントスとしてはフトシを長く抱える事ができるかもしれませんし、ファンとしては変な坊主が腕章付ける姿を見てストレス感じる事もなくなりますし、我ながら『三方良し』のナイスアイデアだと思いました。さすが編集長ですね。

 

【最新のJuveTube🎥】