【ななめ読み】今シーズン限りで契約満了のベルナルデスキ、減俸は受け入れず!?…ほか

Corriere Torino

今シーズン限りで契約満了となるベルナルデスキに対して、ユベントスは減俸のうえで延長を打診する可能性があるが、それをライオラは良しとしないだろう。いずれにしても交渉開始は1月からになりそうだ。

 

いったんオラオラの事は置いておいて。

ユベントスがゴローちゃんに契約延長を打診はするんじゃないかと思いますが、さてどれほどの減俸を提示するのかに注目。2017-18シーズン開幕前にユベントスに加入した際の移籍金は3500万ユーロながらも、現在TransferMarktが試算する市場価格は1500万ユーロ。このあたりを鑑みると、減俸を提示されても仕方ないっちゃー仕方ない。そして現在ゴローちゃんが手にしている年俸は400万ユーロと言われており、さて移籍したとしても同じだけのサラリーを支払うチームがあるかどうか。

ヒロシの下で復活の狼煙を上げているゴローちゃん。確かに減俸を受け入れられない部分もあるかもしれませんが、しかしここからもう一段上の選手に成長すべく、更に引き続きイタリア代表に選出される為には「このままユベントスでプレーを続けた方がいいんじゃないかなぁ」なんて考えています。全く物差しが分かりませんが、「10ピンちゃん(30万ユーロ×10)」くらいの年俸であれば、首を縦に振って欲しい所です。

 

 

アッレグリはクルゼフスキを手放さない

Tutto Sport

冬の放出候補に名前が挙がると言われているクルゼフスキについて、アッレグリ手放す事はないだろう。

イタリア人監督はクルゼフスキの才能を信じており、そしてまだまだ改善の余地があると考えている。

 

今シーズンも引き続き途中交代が中心となっているミノル。一昨シーズン途中、大きな金額(移籍金:3500万ユーロ)が動いた上でユベントス加入が決まった事もあり、中には物足りなさを感じているファンもいるかもしれませんが、冷静に見れば年齢はまだ21歳の若手選手。Tutto Sportが紹介している通り「改善の余地」がありまくりです。

【PR】ヨーロッパ・サッカー・トゥデイ 2021-22開幕号発売中! 

その「改善」についてはヒロシが「エリア付近での仕掛け」を挙げており、特に右に流れた後、ゴール附近ではもっともっと積極的に勝負に出て欲しい所。例えるならば「あっ、ミノルくん、えっ、そっちなの。てっきりこっちから責めてくると思ったから、そんな風にされたらわたし、頭が真っ白になっちゃうー」って言わせるくらい、先手先手を取って欲しい所です。まぁ、童貞なんでムリでしょうけど。

 

 

戦線離脱中のディバラ、インテル戦招集へ!

Giovanni Albanese

怪我で戦列を離れていたディバラだが、本日行われたトレーニングにおいて全てのメニューに参加をした。インテル戦の帯同メンバーに名を連ねる事は間違いないだろう。

 

キュンが離脱したのは9月26日(日本時間)のサンプドリア戦からですが、そこからチームはチェルシー、トリノ、ローマ、ゼニトと倒し現在公式戦6連勝中。そこにエースのキュンが戻って来るとなれば、これ以上心強い事はありません。

あとは起用のタイミング。今週末の相手が格下ならばいざ知らず、対するは現在3位に付ける前年王者のインテル。出場するとなれば途中交代が本命だと思いますが、ユーべ劣勢の中で投入されたならば多少の無理を強いる事になるかもしせません。そうならない為にも、ユベントスはアシスト王であるユッティのパスから、2戦連続でゴールに結びつくボールを供給したユッティのパスから、左から切り返しのボールに世界が濡れたと言われているユッティのパスからゴールを決めて(そろそろボロが出ると思っているので、今の内に3度言わせて頂きました)、主導権を握った状況でキュンをピッチに送り出したい所です。

 

 

スーレ:「次の目標はトップチームデビューだ」

スーレ on AS

セリエCには刺激があり、セリエAやBでプレーした経験のある選手が沢山います。先日セレーニョと対戦しましたが、素晴らしい経験を積む事が出来ました。

イタリアに来た頃、適応するためにチームメイトと時間を共にしてイタリア語を覚えました。すぐにプレー機会も与えられたので、クラブとは良好な関係を築いています。

ボクは自分自身を「トレクアルティスタ」だと思っています。右でも左でも問題ありませんが、やはり真ん中でのプレーが一番好きです。右サイドに入った際は、カットインからのシュートを意識しています。

次のステップはトップチームデビューを果たす事です。今年中に叶うと良いのですが、まだそれについては何とも言えない状況です。

 

取り合えず「マティアス・スーレ」の名前を覚えておいて損はないと思います。

母国アルゼンチンでは「ディ・マリア2世」とも呼ばれていますし、ユベンティーニの中には「新パウロ・ディバラ」なんて言っている方もいる程。

まだ若干18歳でイチモツの周りは産毛状態でしょうが、プレーの方はジャングルジャングル。今後、短パンの脇っちょからジャングルがはみ出るくらい存在感を示すのではないかと期待しています。

 

 

まとめ

騙されたと思ってスーレの名前は超絶覚えて欲しいのですが、もし今後芽が出なかったら「騙された方が悪い」と言う部分は予めご了承の上で覚えて頂くようお願い致します。

 

【最新のJuveTube🎥】

減俸受け入れてでも残ってくれ!