ユベントス、ローマ戦活躍のデ・シリオとの契約を更新へ!(ショートニュース)

Gazzetta

今シーズンいっぱいで契約満了となるデ・シリオについて、ユベントスは契約を更新する準備を進めているようだ。もしチームが打診すれば、選手は首を縦に振るだろう。

 

編集長も一安心です。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑
【PR】ヨーロッパ・サッカー・トゥデイ 2021-22開幕号発売中! 

 

「契約延長されずにこのまま満了でチームを離れる事になるかもしれない」と噂されているユッティでしたが、Gazzettaは『予算内にも収まる事から、ユベントスは更新を打診するだろう』と予想。現在手にしている年俸は200万ユーロと言われ、完全に『ユッティのクセに生意気だぞー』の金額ではあるものの、移籍金を支払って新しい選手を連れてくる事を考えれば、右も左もそこそここなすユッティをそのまま残した方が、財政面でも戦力的にもヨシ幾三としたのかもしれません。

 

そのユッティが残留した場合、ユベントス側にも幾つか利点があると編集長は考えておりますので、その辺について超絶アピール、じゃなくて軽く触れておこうと思います。

 

 

ユーティリティ性

「ユッティの『ユ』は、ユーティリティの『ユ』」と言われるほど、器用さを持ち合わせるユッティ(実際には『ゆとり』の『ゆ』です)。右も左もそこそこ出来ますし、リヨン時代には途中出場ながらも中盤アウトサイドをこなす事も。監督にとっては、例えヤル気のなさそうな顔をしていたとしても、この手の選手がベンチにいる事は心強いに違いありません。

 

 

文句を言わない

冗談のように聞こえますが、これは結構Majiな話で。

基本的にベンチ要員の扱いになりますが、己の実力をわきまえているのか、それとも単にヤル気がないのか分かりませんが、某あばらる君のように不貞腐れる事もなく、ベンチで淡々と出番を待つ姿は好感が持てます。まぁ、不満を漏らすような事があれば「デ・シリオのクセに生意気だ!」と、世界249の国と地域からバッシングが届く事は間違いと思いますが。

 

 

年齢

若手、若手と思われていたユッティですが、10月20日に29歳の誕生日を迎え、『アラサー』と言われる年齢に。『ドキっ!おっさん揃いのユベントス』においても「中堅」と言える年齢になりました。

この所は若手選手も続々と加入していますので、おっさんと若手を繋ぐパイプ役としての働きも期待されますが、たぶんそう言う仕事はしないと思います。いや、パーヒャクそんな立ち回りは出来ません。。

 

 

まとめ

ヒロシが監督のうちに、とっとと契約更新しちゃって欲しいです。ぶっちゃけの所、他の監督なら検討される事なく放出されると思うので。。。

 

【最新のユベ議室お題😎】