【ちょっと本屋さんに行ってきます】2021-22シーズン第4節 vs ミラン戦 マッチレビュー

ユベントス 1-1 ミラン

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑
🏨お得に宿泊!楽天トラベル🚙

 

編集長、朝の10時になったら千葉駅にある大きな本屋さんに行ってきますね。昼から娘の送迎があるんでそれまでに家に帰って来なくちゃなんですが、でもこのタイミングで買わない訳にはいかないじゃないですか。

 

 

 

『勝ち点3入門書』

 

 

を。

 

 

もう、ちょっと勝ち点3の取り方を完全に忘れちゃってますし、ファンの中にも「勝ち点3って美味しいの?」ってレベルの方もいると思うんですよね。なんで、入門書を買って熟読した上で、また月ユベで皆さんにご紹介しますわ。

もしくは、池上彰さんに「ユベントスが勝てない理由」をテレビで取り上げてもらってもいいかもしれませんね。優しい口調でパネラー陣に説明して、その背景とかにも触れてくれそうですし。

 

 

 

買うかいっ!

 

 

売ってるかいっ!

 

 

池上彰が説明するかいっ!

 

 

いや、あながち無しでもなさそうな気がしますが…。

 

 

って事で、今シーズン5試合振り返りを書いた中で勝ち試合が1、引き分けが2、負けが2と、なかなか軽快なあだち充で、じゃなくて軽快なタッチでマッチレビューを書き進める事のできない日々が続いておりますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。いや、もう「またか」って感じになりつつあるものの、気持ちんこは切らさずに冷静に試合を振り返って行こうと思います。

 

 

ではスタメン、はいドンっ!

毎回「えっ、システムは1-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1???」って驚くんですけど、実際には4-4-2。フトシの所がポヌッチだった以外は、現地の予想通りのメンバーが並ぶことに。しかし、現地メディアに予想的中されるとは、「ヒロシも追い込まれてるなぁ」って感じですね。相手の裏筋をかいてこそヒロシ。思い切って「ロボの左ウィングバック」くらいかまして、悪い流れを断ち切って欲しいものです。

 

 

そんで試合内容なんですけど、前半は結構良かったんですよね。コーナーのこぼれから「ケン→キュン→スネ夫」と繋いだカウンターもお見事でしたし、チームとしても「行く所は行く」「行かない所は作り直す」「イカは素焼きに醤油が一番」で上手く試合をコントロールしていました。

特に中盤ではムロが上手くゲームをコントロールし、降りて来たキュンがショートパスを繋いでリズムを生んでいたように感じます。そんな中で数回、ボヌッチが出しゃばって右サイドをオーバーラップ掛けていましたが、「3キャプに降格したから目立ちたかったんだろうね」と見過ごせるほど、前半はストレスを感じる事無く試合を見る事ができました。

【PR】ヨーロッパ・サッカー・トゥデイ 2021-22開幕号発売中! 

その中でも編集長が注目したのは左サイド。マルメ戦に続きラビ彦が左サイドハーフに入る事になりましたが、自身が少し絞り目でプレーする事でケンさんのオーバーラップを助長する事に。そのケンさんは効果的なセンタリングを上げるだけではなく、相手ゴールライン際までドリブルで切り込むシーンも披露。ここ3シーズンは「ケア・オブ・ジャイアン」の役割を担っていた事によりオーバーラップを自重していましたが、今シーズンはラビ彦とのコンビで存在感を示すのではないかと期待とお股が膨らみます。志村けんさんよろしく「左サイドはケンさんに任せておけば、だいじょうぶだー」ってなるといいですね。うん、そうですね。

 

 

そんで前半の勢いのままに追加点を狙った後半ですが、「ラブ・ストーリーと失速は突然に」である事を認識させられる事に。これまでの国内リーグ3試合でも如実に表れたように、後半になるとなぜか足が止まりボールが繋がらなくなるのですが、ハッキリとした理由は分からず。「分からないものは全てポヌッチの責任」と言う暗黙のルールはあるものの、しかしそれでは抜本的な解決には繋がらず。編集長的には「ムロを中心とした選手間の距離感が後半になると遠くなる」と感じており、実際に後半は一か八かのチャレンジングなパスや、中盤を省略するミドルパスが多いイメージが残っており、体力的にも厳しい終盤こそチーム全体としてムロを意識したポジションを取り、ワンタッチ、ツータッチ、あだち充の代表作はタッチなパス交換でリズムを作り、相手の呼吸を止めて欲しいと願う所です。

まぁ、この辺はもしかしたら「カリメロ復帰」で解決されるかもしれませんが、それまではムロが「星屑ロンリネス」にならぬよう、周囲の選手が意識してサポートに入って試合が大味にならないように注意するしかありませんね。

 

 

そんなこんなで76分にコーナーキックからレビッチに決められてドローで終わった訳ですが、あーだこーだ言っても仕方ない。そしてリーグは続くよどこまでも。今シーズンは「34勝2分2敗の勝ち点104」に優勝ラインが決まりましたので、次節のスペツィア戦から3点ずつ積み上げられればと考えます。

 

 

 

って事で次こそ勝ち点3を!

 

 

取り合えず相手の研究も必要なんで、本屋さんに行って選手名鑑買ってきまーす!

 

 

 

Forza Juve!

【PR】ヨーロッパ・サッカー・トゥデイ 2021-22開幕号発売中! 

 

【最新のJuveTube🎥】