【ななめ読み】フラボッタのアタランタ移籍合意が間近に!…ほか

フラボッタのアタランタ移籍合意が間近に!

Nicolo Schira

フラボッタのアタランタ移籍が決まりそうだ。現在は最後の詳細を詰めている状況であり、今シーズン、フラボッタがゴセンスの控えとしてプレーする事はほぼ決定と言って間違いないだろう。

 

ジャンルカ・フラボッタ22歳、昨シーズンの開幕戦でスタメン出場を果たし、瞬く間にその名を知らしめた新星は、活躍の場をアタランタに移す事になりそうです。

そして気になる移籍方法に関しては、どうやら『買取義務付きのレンタル』と報じられておりまして、その細かい条件までは分かりませんが、恐らく「シーズン中に何試合出場したら」とか「何分出場したら」とか「口の半開きが矯正されたら」て感じのものだと思います。

編集長的にはドライローン(普通のローン移籍の事ね)で経験を積んで戻って来てくれればと願っているのですが、何と言っても右も左もそこそこの下くらいのレベルでこなすBOYが戻ってきた以上、クラブとしては致し方ない判断なのかもしれません。

 

 

アッレグリはピャニッチも欲しがっている

Nicola Balice

アッレグリは中盤の補強にロカテッリのみならず、元教え子であるピャニッチも欲しがっている。

 

なかなかツモれないロカテッリーチをよそ目に、バルセロナで放出候補となってしまっているピャニッチの動向も気にはなる所。一部では「ロカテッリ獲得に失敗した時の保険」とも言われているものの、しかしヒロシタタカ(=したたかなヒロシ)はロカテッリとピャニッチのダブル獲得を望んでいるようです。

もちろんピャニッチが数シーズン前のトップコンディションをキープしているかは分かりませんが、しかしあのスキルが錆び付いているとは思えず。ここは一気にロカテッリーチ、ピャニッリーチのダブルリーチからのダブルツモを狙って欲しいと願います。いや、この2人のダブル獲りは有野晋哉寄りのアリかもしれませんな。

 

 

サッスオーロはローン移籍にOKを出す

SKY

サッスオーロはロカテッリの移籍に関して、ローンでの契約にOKを出した。しかしチームは今シーズンまとまったキャッシュが必要となり、更に『買取義務付き』が条件となる。

 

まだまだ大詰めを迎えるまでにも行かないロカテッリの移籍話について。現時点では獲得レースを繰り広げているアーセナルについてポジティブなニュースが届いてはいないものの、しかしそれはユベントスに関しても同じであり、少しばかり長期戦となる覚悟も必要な様相に。

その理由としてはユベントスが4000万ユーロの移籍金を支払う事が出来ない、と言う事が挙げられますが、ここに来て『レンタル→買い取り(義務)』のいわゆる『キエーザ方式』にて成立するのではないかとの噂もチラホラと浮上。ない袖は触れませんし、ロナウドのフリーキックは決まりませんし、お互いに引く所は引いて、どこかで妥協点を見つけて欲しいと願うばかりです。

 

 

ディバラは開幕までに契約延長にサインをする

Romeo Agresti

私の感触ではあるが、ディバラは今シーズン開幕までに契約延長にサインをする事になるだろう。

 

ひと騒動、ふた騒動あったキュンの契約更新ですが、やっとこさっとこ具体的に動き始めたようで、日本ディバリスタ代表取締役編集長としても、安堵のため息を漏らしております。

あとは超えるべきハードルは何なのか。『1500万ユーロ』とも言われる年俸か、それとも複雑と言われる肖像権の問題か、はたまたフリーキック蹴り放題券の購入(=フリーキックのサブスク)についてか。恐らく一筋縄では行かない事柄ばかりだとは思いますが、『ディバラ、ユベントスと契約延長決定!』の報道で、QGに対して今シーズン初のぶっしゃりをお見舞いして欲しいところであります。

 

 

まとめ

今シーズンはいかんせん移籍の噂が少ないので、月ユベとしても記事の構成に苦労しています(同じ内容が続かないようにとか、気を遣ってるのよ)。なんとなくロカテッリの話題とか『使い回し感』も出てきてるので、そろそろパンチのある噂が欲しい所。『若い・上手い・ハゲい』の三拍子揃っているダムスゴーあたりの名前が出てきませんかねー。

念の為にお伝えしておきますが、まだ21歳です。

 

【最新のJuveTube🎥】