【Topics】ヨーロッパ王者一員のベルナルデスキ、新シーズンを前に移籍なるか!

SKY

非常に困難なシーズンを終えたベルナルデスキだが、ユベントスでの将来は約束されていない。もし、適切なオファーが届けばクラブも、そして選手本人も検討する事になるだろう。

 

イタリア代表としてヨーロッパチャンピオンの一員となったゴロちゃん。出場4試合のうちスタメンはわずか1、合計出場時間は127分と、少しばかり寂しい数字ではあったものの、しかし2回に渡るPKキッカーとしてだけではなく、出場した際にはゴロちゃん本来の良さを見せてくれました。

そんなゴロちゃんですが、ユーロが終わった途端に移籍の噂が浮上。少し前にラツィオの監督に就任した山ちゃんが欲しがっていると言う話があったものの、今回SKYが報じたものは『どのチームが』と言うものではなく、『適切なオファーが届けば』と言った半ば抽象的なもの。しかし、短い時間とは言え今回のユーロでのプレーを受けて、「幾つかのチームはゴロちゃん獲得を検討するのではないか」と編集長は予想しています。

 

 

では「選手の保有権を持っているユーベはどうか」と言えばここは『ヒロシ次第』。第一次ヒロシ政権下においては『ペキカンなレギュラー』とは言わずとも、『レギュラー風味』として重宝されており、ヒロシが放出に関して「ちょっと待ったぁぁぁぁぁあああああ!」と手を挙げても決して不思議ではありません。新シーズンのシステムが4-4-2なのか4-3-3なのか1-2-4-3(最後尾の1はポヌッチです。ユーロ優勝で明らかに調子に乗ってるので、少しばかりのお仕置きが必要だと考えます)なのかは分かりませんが、いずれにしても左利きの攻撃的な選手がチームにとって貴重な存在である事は間違いないでしょう。

ゴロちゃんとユベントスの契約が2022年6月までと迫って来ており、そして市場価値はTransferMarktによると1500万ユーロ。放出し時と言えば放出し時である事は間違いないのですが、個人的には髪の毛をチンピラ風味にしたゴロちゃんが、下の毛がチンチン風味のキー坊を従えてブイブイ言わせるシーンも見たいので、「残留してくれないかなぁ」と淡く切なく考えたりもしています。

 

 

右にフェデリコ・ベルナルデスキ、左にフェデリコ・キエーザ、両サイドで『フェデリコ、フェデリコ』するシーンを目にするのも熱いですけどね。

ちにみに『フェデリコ、フェデリコ』の部分は、ゆってぃの『ワカチコ、ワカチコ』のイントネーションでお読み下さいませ。

 

【最新のJuveTube🎥】