【ななめ読み】ユベントスにミリンコビッチ=サビッチ獲得のチャンス到来?…ほか

ユベントスにミリンコビッチ=サビッチ獲得のチャンス到来?

Giovanni Albanese

サッリの到着により、ミリンコビッチ=サビッチがラツィオを離れる可能性がある。アッレグリはセルビア人ミッドフィールダーを気に入っており、選手もユベントスを好んでいる。状況を見守る必要があるだろう。

 

確かに2〜3シーズン前は『初夏と言えばミリンコビッチ=サビッチ』と言われていたくらい噂に挙がっていたので、恐らくヒロシが好んでいるのは間違いなし。逆に山ちゃんがミリンコビッチ=サビッチの何が気に食わないのかは分かりませんが、何にしてもユベントスが獲得するチャンスが出てくるのであれば、編集長的にはチャレンジして欲しいと願う所。

 

そして『名前が長い』と言う部分を除けば、月ユベにも十分フィットすると考えている次第でございます。

 

 

モラタはユベントス残留を望んでいる

SKY

モラタは来シーズンもユベントスの一員として戦いたいと考えており、アッレグリもスペイン人プレーヤーが残留する事を願っている。

 

新シーズンに向けて、アッレグリが敷く4-2-3-1のワントップを任される選手、とも言われるスネ夫(この時点で完全に生意気ですが)。もはや「戻ったとしてもアトレティコで場所がない」と言われているので、レンタルバックした後に普通に移籍金1000万ユーロ払えば完全移籍で獲得出来るんじゃないかと踏んでいるのですが、さすがにそれは都合良すぎる話でしょうか。

 

1000万ユーロなら、オジーロのキャバ代2年分くらい貯めて獲得出来ると思うんですけどね。

 

 

ユベントスはディバラに年俸1000万ユーロを提示

Sport Mediaset

ユベントスはディバラの契約更新に向けて、『年俸1000万ユーロ+ボーナス』の条件を提示する準備を進めている。

 

ヒロシ復帰に伴い、急遽加速した感のあるキュンの契約延長話。これまで最大のネックとも言われた年俸に関しても、ユベントスがキュン側の要求を受け入れるのではないかと現地紙は伝えており、さて信憑性はどんなものか。

確かに才能の持ち主ではあるものの、しかしシーズン5ゴールのアタッカーに1000万ユーロはちょいと高いんじゃないかと言うのが編集長の本音。ぶっちゃけミノルが今シーズン7ゴールですから、童貞以下のゴール数でその要求はいささかさん@サザエさんだと思いますよ。

 

 

デミラル放出の場合、代替え候補にミレンコビッチとロマニョーリの名前が

TuttoSport

ユベントスがデミラルを放出した場合、その穴を埋めるセンターバックとしてミレンコビッチ(フィオレンティーナ)とロマニョーリ(ミラン)の名前が挙がっている。

加えてレンタルから戻るルガーニや、成長著しいドラグシンの名前も候補として挙がる事だろう。

 

あばらる君の将来がどうなるか分かりませんが、普通に揉太郎を戻して、普通にドラグシンを育てて行く感じでよろしいのでないでしょうか。

確かに揉太郎については物足りない部分はあるものの、しかし試合に出場すれば‘’そこそこ以下‘’くらいにはやりますし、それこそドラグシンの成長を促すきっかけになるとも思います。

もしお金があるなら攻撃陣の補強か、ピンちゃんの年俸アップに充てて頂きたいと願います。

 

 

まとめ

編集長が現在、最も気にしているのはロカテッリでもなくドンナルンマでもなく「ピンちゃんの動向」である事は、賢明な月ユベ毒者であれば承知して頂いていると存じます。

ヒロシ・ユベントスにおいて、無くてはならない存在だと信じております。Majiで。

 

【最新のユベ議室お題😎】