アッレグリ周辺情報あれこれ(5/28 8時時点)

 

もう、『時間の問題』と言っても過言ではないアッレグリ復帰に関して、現地から届いている情報をまとめさせて頂きました。飛ばし的なものやウソピョン的なものもあるかもしれませんので「そこんとこ夜露死苦」の上、お読み下さいませ!

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑
ユベントス会議室へようこそ🙂

 

Giovanni Galeone

マックスはキエーザとクルゼフスキを好んでおり、ベルナルデスキは中盤で活用できないかと考えている。

※ Giovanni Galeoneはアッレグリの元メンターであり、知人のようです。

 

 

Sport Mediaset

アッレグリはロナウド放出を望んでおり、ポール・ポグバ獲得をチームに打診している。ロナウドとポグバの交換トレードの可能性も否定できないだろう。

 

 

Romeo Agresti

アッレグリの今回の帰還に関して、彼はマーケットにおいても重要な役割を任されるだろう。

 

 

Giovanni Albanese

ユベントスはアッレグリと4年契約を結ぶ事になる。

 

 

Gazzetta

アッレグリはロカテッリを気に入っている。

 

 

Luca Bianchini

アッレグリ就任のアナウンスは今日の夜か、明日に行われる事になる。

※日本とイタリアは7時間の時差があり、日本の方が進んでいます。日本の朝8時の時点でイタリアは朝1時です。

 

 

Romeo Agresti

アッレグリはクラブがディバラとの契約更新を進める事を望んでいる。

 

 

Di Marzio

レアル・マドリーのファーストチョイスはアッレグリではあったものの、彼は待つ事が出来なかった。インテルもアッレグリ招聘に動いていたが、ユベントスを選んだ。例え金銭的なアドバンテージがあったとしても、その考えは変わらなかっただろう。

 

footballista増刊 EURO2020 GUIDEBOOK 2021年 06月号

 

SKY

レアル・マドリーはアッレグリに対して年俸1000万ユーロを提示しており、それはユベントスよりも100万ユーロ高いものであった。しかし、イタリア人監督はユベントスを選んだ。

 

 

Romeo Agresti

アッレグリは年俸900万ユーロで複数年契約を結ぶ事になる。加えてケルビーニの側で、トランスファーマーケットに関しても発言権を持つ事になるだろう。

 

 

Gazzetta

アッレグリはピャニッチの再獲得を望んでいるが、交渉は難しいものになるだろう。

 

 

まとめ

どうやら、今回は選手の補強に関する人事権も手にするようで、就任が発表された後の動きにもチェキらしたい所です。

今回取り上げた中にも『ポール・ポグバ』の名前があったように、やはりこれまで自分の下でプレーした選手に信頼を寄せる部分もあるんでしょうね。分かります、分かります。

 

ユベントス会議室へようこそ🙂

 

【最新の投票企画】

ピルロに対する想いを、この投票にぶつけよう!😎