【みんなで行くぜチャンピオンズリーグ!】2020-21シーズン第38節 vs ボローニャ戦 プレビュー

 

ついに迎えた2020-21シーズン最終節。

ユベントスはまさかのチャンピオンズリーグ出場権を懸けて争う事になりました。しかも『自力』で手にする事は出来ずに、他会場の結果を待つ『他力本願』の状態で。

 

しかし、長い長いリーグ戦の結果は「38試合を終えた状態」のものであり、例え目標としているものを‘’自力‘’で手に入れようが、‘’他力‘’で手に入れようが大きな問題ではなく、開幕戦であろうと最終節であろうと『38分の1』である事に違いありません。38試合を終えた時点でユベントスが4位にいれば、それは他の14チームより強かった事を意味し、もし5位に終われば、ユベントスより強かったチームが4チームいた事を意味します。

最終節を迎えるにユベントスが出来る事、すべき事はただひとつ「いつも通り勝ち点3を奪いに行く」であり、そして我々サポーターが出来る事、すべき事もただひとつ「いつも通りチームを全力で後押しする」、それ以上でもそれ以下でもありません。

<楽しくポイントを貯める>楽天ポイントモール

 

そして根強い月ユベンティーニの皆さまであればすでにお気づき、いや心配している方もいらっしゃるでしょうが、この試合では『チャンピオンズリーグ出場権』以外にも、もうひとつ懸かっているものがあり、それは

 

 

 

ピンちゃん締め

 

 

 

 

アッレグリ・ヒロシにしても、山ちゃんにしても、この偉大なる芸人のチームへの貢献度に報いる形で、ここ3シーズンは最終節で起用。

 

  • 2017-18シーズン:出場27分/1失点
  • 2018-19シーズン:出場90分/2失点
  • 2019-20シーズン:出場18分/無失点

 

昨シーズンは山ちゃんの采配ミスにより、ピンちゃん投入が遅かった事もあり無失点に終わったものの、しかしそれまでの2シーズンでは「1失点→2失点」と順調に数字を伸ばしており、この大事な大事な最終節においても、出来る限り早い時間帯で投入して見せ場を作って欲しいと願うばかり。さすがにここで負ける訳には行きませんが、「勝利」「CL出場権獲得」「ピンちゃん出場」「失点」となれば、一気に盆と正月とクリスマスと誕生日が来た状態になり、そしてピンちゃんと言うのはそう言う賑やかし精神でチームを支えてきた選手でもあります。

 

 

For the ピンちゃん

 

 

選手が胸に秘めるこの想いが、チームにとってプラスになる事は間違いありません。

 

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

【スタメン予想/4-4-2】

GK:コブタン
DF:オジーロ、フトシ、ロボ、ケンさん
MF:クアマン、池崎、ラビ彦、キー坊
FW:ミノル、キーちゃん

 

最終節、ゴールマウスを預けるのは「俺たちの子豚」ことコブタン。この一戦においても容赦なく危機一髪が襲い掛かるでしょうし、場合によっては「ちょっと早めのお中元」が届く可能性もあります。十分に警戒して下さいませ。

ディフェンスラインは、両サイドにオジーロとケンさんの『男は背中で語るコンビ』で、真ん中はコッパ決勝に続きフトシとロボのコンビが有力。しかし、ロボが連戦になる事と、ポヌッチがウソッチだと言う事を鑑みると、「ポヌ&フトシ」の名前がシレっとスタメンに挙がっていても不思議ではありません。

ミッドフィルダーは、注目されるラビ彦の相棒は池崎が有力(編集長的にはオジーロ推しなので、ぜひ昨日アップしたJuveTubeを聞いて下さいませ)。両ワイドは右にクアマンで左にキー坊。コッパ決勝でも決勝ゴールを挙げたキー坊には、引き続き決定的な仕事を見せてくれる事に期待です。

最後にツートップは好調をキープするミノルと、「いつ取るの?」「今でしょ!」のキーちゃん。この大一番でミノルはイチモツが縮まりそうですが、逆にキーちゃんはビンビンになる事間違いありません。

 

 

最後にもう一度お伝えさせて頂きます。

 

我々に出来る事は「チームを後押しする事」、それだけです。

 

 

2020-21ラストマッチ、悔いのないように声援を送りましょう!

 

 

Forza!

 

 

Forza Juve!

 

footballista増刊 EURO2020 GUIDEBOOK 2021年 06月号

 

【最新のユベ議室お題😎】