【ななめ読み】CL新フォーマット、早ければ2022-23からスタート…ほか

CL新フォーマット、早ければ2022-23からスタート

 

Sport Mediaset

36チームで行われる事が発表されたCLの新フォーマットについて、当初予定していた2024-25シーズンから前倒し、2022-23、遅くても2023-24から始める可能性が出て来ている。

 

スーパーナンジャラカンジャラで揉み揉みしたヨーロッパサッカー界。一部では『ユベントスとレアル・マドリーにペナルティが課せられる』と言った、なんとも穏やかではないニュースも届いていますが、さて新ルール(36チーム制)はどうなる事か。もちろん試合数増加により選手への負担が増す事は間違いなく、また様々な意見が出てきそうな気はします。

 

まぁ、ユベントスはあまり意見を言える感じでもありませんが。。。

 

 

ユベントスはデパイを諦めない

RMC

今シーズン限りでリヨンとの契約が満了となるデパイに関して、引き続きユベントスが注目しているようだ。しかし選手の優先順位はバルセロナにある。

 

スネ夫の去就がまだ宙ぶらりんのユベントスですが、それに関わらずこのマルチタスクをこなせるオランダ人アタッカーが欲しい事は間違いありません。特に今シーズンはキュンが長期離脱を強いられ、シーズン序盤から中盤までのほとんどをスネ夫とキーちゃんでカバー。来シーズンもし、スネ、キー、キュンの3人共に残留したとしても頭数が足りない事は明らか。いつ誰が怪我に見舞われるかも分かりませんし、いつ誰が『ぷいっ』ってベンチから勝手に帰っちゃうかも分かりません。

そしてデパイについては『トランスファーフリー』て事に加えて、『デパイのオッパイ』て言うネタも使えるので、月ユベとしても喉から手が出るほど欲しい存在である事をここで公表させて頂きます。

 

 

ユベントス、セビージャのエン=ネシリをリストアップか

Fichajes

アタッカーの去就がいまだはっきりしないユベントスだが、セビージャのエン=ネシリをリストアップしたようだ。

 

ユセフ・エン=ネシリはセビージャに所属するモロッコ人アタッカーで、今シーズンは公式戦46試合に出場して23ゴールと、高い決定力を証明。中でもチャンピオンズリーグにおいては8試合6ゴールと目を張るものがあります。

そうなるとモチのロン、お値段も高めに設定されておりまして、報じられている部分だけを切り取ると『4000万ユーロ程度の設定』ではないかと予想。まぁ、高いですな。

 

ちなみに国籍はモロッコ。えぇ、『得意技はジャンピング・ニーパッド』と履歴書に書けるほどのニーパッダーであるベナティア選手を輩出したモロッコ産でございます。侮れませんね。

 

 

キエーザはフィオレンティーナ戦を欠場

SKY

アタランタ戦で負傷交代を強いられたキエーザだが、パルマ戦に続きフィオレンティーナ戦も欠場する事になりそうだ。

 

アタランタ戦で左太腿のハムストリングを痛めたと発表されたキー坊。フィオレンティーナ戦の出場に向けてリカバリーに励んでおりましたが、残念ながら古巣との対戦は叶わなくなりそうです。

無観客とは言え、自分が育ったアルテミオ・フランキのピッチに立つ事を楽しみにしていたはず(まぁ、観客がいたら特大のブーイングを浴びていたでしょうが)。とは言え、この後にはウディネーゼ、ミラン、サッスオーロ、インテルと強豪との戦いが控えておりますので、アケミちゃんのサポートにより1日でも早く回復する事を願います。ちなみにアケミちゃんのサポートは有料です(更にA~Cのオプションもあり)。

 

 

まとめ

もしアルテミオ・フランキに観客が入っていた場合、キー坊には相当なブーイングが浴びせられたと予想します。もちろん『たら、れば』の話ではあるものの、その状況下において背番号22は普段通りにプレー出来たでしょか、それともメンタル面に影響を及ぼしプレーとイチモツが縮こまってしまったでしょうか、はたまた某坊主のようにベンチスタートを進言していたでしょうか。

 

たぶん、ブーイング関係なくゴリゴリに攻めていたんじゃないかと思いますが。

 

【最新のJuveTube🎥】