TuttoSport:「キエッリーニ引退の場合、キャプテンマークはデ・リフトへ!」

 

全く裏も取れていませんし、それこそロボが引退するかどうかも分かりません。しかし、それを一旦棚の上に置いたとしても、このニュースを目にした編集長の先っちょは濡れました!

TuttoSport

キエッリーニが今シーズン限りで引退した場合、その後にアームバンドを巻くのは『デ・リフト』になるだろう。

 

イエス!

 

イエス、フォーリンラブ!

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

と言う事で、何がどうなるかは分かりませんし、それこそユベントスには「キャプテンはイタリア人」と言う暗黙のルールがありますが、まずは少なくともここ数年のうちに迎えるであろう『after ロボ』のキャプテン人事ついて、何人かの候補を挙げて考えてみたいと思います。

 

 

フトシ

アヤックス時代にも腕章を巻いており、そのキャプテンシーについては疑う余地はなし。いや、むしろチームの中で‘’最も適任‘’と言っても間違いではないはず。もし『イタリア人』と言う暗黙のナンジャラカンシャラがなければ、次期キャプテンとして内定が出ていてもおかしくなかったでしょう。

ただひとつ気になるのは、ユベントスに来てからその魂があまり感じられない事。もちろんプレーには気迫を強く感じられるものの、しかしチームを鼓舞するような姿はまだ見せておらず。それが『遠慮』なのか『まだ自分の事で手一杯なのか』はたまた『前の日にデリフ子ちゃんとのチョメチョメで疲れちゃったからなのか』は分かりませんが、キャプテンマークを巻こうが巻かなかろうが、チームを引っ張る姿を見せて欲しいと願います。

 

 

キュン

序列で言えば『そろそろ』と言った所ですが、さて今のキュンにそれだけの余力があるかどうかと聞かれれば『NO』と言わざるを得ません。

もちろんユベントスのシンボルとして、チームが期待する部分も少なからずあるでしょうが、しかしキャプテンには向き不向きと言うものがあり、もしキュンにキャプテンを任せた事によりパフォーマンスが落ちてしまったら、元も子もありません。

ここ1番でQG(キュンガールズ)をぶっしゃらせる為にも、まずは自身のプレーに集中した方が良いかと思います。

 

 

オジーロ

最近、ファンの間で評価を上げているのがオジーロ。

その理由としては

 

  1. 真面目そうで、かつ、周りに安心感を与える包容力
  2. シュートを宇宙開発しても、全力で戻るひたむきな姿
  3. 蟹座
  4. 39歳
  5. おばさんパーマ

 

などが挙げられます。

 

ぶっちゃけ周囲をグイグイと引っ張るタイプではありませんが、むしろ周りがオジーロの背中を見て勝手に付いてきてくれる可能性は高いと考えます。

『周りを巻き込むタイプのリーダー』として、オジーロの線もモハメド寄りのアリかもしれません。

 

 

ポヌッチ

誠に遺憾ではありますが、ロボ不在の際にはこの坊主がキャプテンマークを巻くのが一番しっくりと来るのも事実です。

確かにプレーに軽い部分はあるものの、それでも後方からチームを鼓舞する姿は(たまにだけどね)、ニセモノとは言えキャプテン風味を醸し出している事は間違いなし。もし若手が育つまでの繋ぎとしてなら、アリさんマークの引っ越し社さん寄りのアリだと思います。

 

そしてユベントスのみならず、イタリア代表とミランでキャプテンマークを巻いた実績を、ミランでキャプテンマークを巻いた実績を、ミランでキャプテンマークを巻いた実績を(大事な事なので3度言いました)無視する事は出来ず。現時点では「キャプテンマークを任せるべく偽キャプテン」と言うべきなのかもしれません。

 

 

ユッティ

 

ありません。

 

あり得ません。

 

 

 

あるかいっ!

 

 

 

まとめ

でも、ミラン時代はあったのよね。。。

 

【最新のユベ議室お題😎】

熱いの。ひじょーに熱いのよ🔥(入会のご案内