戦列を離れるアルトゥール、復帰は3月上旬か!

 

調子が上がってきて「アルトゥール・メロのプレーにメロメロ」となってきた所なだけに、かなり痛いっちゃー痛いのですが、さていつ戻って来るのでしょうか?

Gazzetta

アルトゥールは3月上旬までは戦列に戻る事が出来ないだろう。ポルト戦、クロトーネ戦、エラス・ベローナ戦、そしてスペツィア戦までは欠場が見込まれる。

 

Calciomercatoは「少なくともポルト戦までは欠場」と伝えられていますが、いずれにしても今週迎える大一番は「ノーメロ」で戦う事になりそうです。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

今シーズン、ピャニッチとの交換トレードの形(実際には違いますがそんな感じでいいと思います)でユベントスに加入したカリメロ。シーズン開幕当初はセリエの水になかなか馴染めなかったものの、時間が経過すると共に適応する姿を見せ、2月14日を終えた時点で22試合に出場(スタメン15試合)。ファンのみならず、小五郎からの大きな信頼を得ている事は明らかです。

 

そして「ユベントスで欠かす事の出来ない選手」と言われ始めた矢先に戦列離脱を強いられた訳ですが、どうやら「12月にアタランタと対戦した時に受けたファールの影響で、石灰化がなんじゃらかんじゃら」と言われており(r4lxさんのTweetを見ると分かりますよ)、もしかしたら冒頭にお伝えした通り、復帰までには1ヵ月程度かかる可能性も出ているようです。

 

そうなると問題となるのがボランチの人数。開幕当初は『主任、ラビ彦、カリメロ、池崎』の4選手でボランチを回すと思われていましたが、蓋を開けて見れば池崎はオフェンスでイェイェイ言わせており、この所はオフェンシブでの出場がほとんど。ぶっちゃけ、主任やラビ彦と組んでイェる事ができるのか分からない部分がありますが、しかし主任とラビ彦だけであと1ヵ月ボランチをまかなう事は現実的ではなく、実際に次節のクロトーネ戦ではラビ彦が累積で欠場する事が決まっています。

そんな中で主任&池崎のコンビがどんなパフォーマンスを見せるか楽しみですし、もしかしたらカリメロ不在により新たなオプションが見つかるかもしれません。まだまだシーズンは半分を終えたばかり。決してマイナスな事ばかりではなく、『雨降って地固まる』『怪我の功名』『結果オーライぇぇぇぇぇいいいいい!』になる事も期待したいと思います。

 

 

まとめ

ぶっちゃけ、「池崎次第」って所で間違いないでしょうな。

 

 

いえ

 

 

ぇぇぇぇぇ

 

 

いいいいい!

 

【最新のユベらじ📻】