【Topics】不遇の時を過ごすケディラ、帯同メンバー復帰なるか!

Corriere Torino

ケディラの冬の移籍は難航しており、このままユベントスで契約を全うする事になるかもしれない。その場合、ピルロはサミ・ケディラを帯同メンバーに復帰させる事になるだろう。

 

 

はい、来ました!

 

 

これまでプレミアのエバートンやトッテナム、そして古巣であるブンデスリーガのシュツットガルトへの移籍が取り沙汰されていたナス大ですが、やはり高額な年俸がナスのヘタ(=「ネック」って事ね)となり、移籍期限まで残り2日となった今、ユベントス残留が濃厚と噂されているようです。

 

ナス大が残留した場合、ユベントスは600万ユーロとも言われる年俸に見合うべく、後半戦の帯同メンバーに入れる事を考えており、そしてこれから迎える過密日程において、ナス大の出場機会は十分にあると予想されます。

 

 

そしてナス大が帯同メンバーに復帰となれば、まずは期待されるのはボランチのバックアッパーとして。主任、カリメロ、ラビ彦が中心となり中盤の底を回してはいますが、先ほどお伝えした通り、これから迎える過密日程においてこの3人だけでは体力的にも厳しい事は明らか。そこにナス大が名を連ねる事で、ターンオーバーとしてスタメン起用しても良いですし、試合終盤に出て来て試合を終わらせる役割を任せる事もできるはずです。昨シーズン、サッリにしてそのサッカーIQとナスニン(ナスの皮に含まれるアントシアニン系色素の一種ね)の高さを評価されたナス大が、チームを救う事は間違いありません。

 

更に挙げさせて頂くのであれば、ナス大が得意とする『Box To Boxの動き』により攻撃に厚みがもたらされる事。今シーズンはキーちゃんやスネ夫、キー坊と言ったアタッカー陣のゴールは目立っているものの、中盤のそれは明らかに少なく、ナス大の果敢なゴール前の飛び出しによりユベントスの攻撃に迫力が出るのではないかと期待が掛かります。ユベントスで通算21ゴールを挙げている裏得点王が、ユベントスに勝利をもたらすシーンを目にするか事になるかもしれません。

 

最後はあれですあれ。キーちゃんのキャノン砲被弾です。

見たいですね。

 

 

まとめ

まぁ、何が幸せで、何がチームにとってプラスかは分かりませんが、もしナス大残留となれば編集長はMajiMaji(=「超本気」って意味ね)でナス大を応援したいと思います。って優香、MajiMajiMaji(=「超絶本気」って意味ね)で背番号6のユニフォームを買います!

 

移籍期限まで残り2日。何がどうなっても編集長はナス大への愛を貫き通します!

 

 

Forza ナス大!

 

【最新のJuveTube🎥】