開幕戦~第14節&CLグループステージまでの『採点』~前編~

 

「開幕~第14節&CL・GSまでの採点」って凄い中途半端じゃないですか。でも、オフに入るとチームとしての動きも少なくなるし、モチのロンですが試合がないんでレギュラーコンテンツ(プレビュー、マッチレビュー、採点)をアップする機会もありません。これまで週2試合ペースで来たのに、急に時間が出来ても困っちゃうんですよね。

 

であれば、ネタを作るまでです!

 

って事で、開幕から冬のマーケットに入るまでの採点やります。非常に中途半端なタイミングだと言うのは分かっていますが、でもそれが月ユベであり、それこそが月ユベ。この時期はみなさんも少しばかり手持ち無沙汰かと思いますので、ぜひ一緒に楽しんで下さいませ。ちなみに無駄に前編と後編に分けてますが、これをネタに2回更新したいだけです。てへっ。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

コブタン 3.5

これまで14試合に出場して失点15。引き続き安定感を見せてはいますが、いかんせん今シーズンはスリーバックを敷いている為にショートカウンターを受ける事も多く、これまでに比べると格下相手と言えども出番が増えているような気がします。そんな中で、コブタンがチームを救った試合も少なくなく、そんな状況にイライラが止まらなかったら、遠慮なく一服して落ち着いて下さい。

 

ピンちゃん 4.0

今シーズンはベンチの賑やかしだけではなく、第11節のカリアリ戦では主審に暴言を吐いて退場するなど、これまで以上に存在感を示した。40歳のくせに彼女が若くて可愛い事だけが玉に瑕ですが、引き続きゴール後のセレブレーションにいの一番に駆け寄るピンちゃんを見せて欲しいと願います。まぁプレーはしませんが、外せない選手ですよ。

 

松野さん 4.0

髪型も『The オッサン』になり、立ち振る舞いも『The オッサン』になり、完全にヤル気スイッチをどこかに忘れて来ちゃったんじゃないかと思わせておきながら、今シーズンは目を張る活躍を見せている松野さん。その好調さは「5試合に出場して失点2」と言う数字にも表れており、改めて「ただのオッサンでは無い事」を証明しています。冬の時期を迎えてそろそろサッカーより熱燗に走りそうな気もしますが、引き続きユベントスのゴールを守りつつ、ピンちゃんとベンチを盛り上げてくれると期待したい所。

 

ポヌッチ 3.0

今シーズンはスリーバックの真ん中を任されるも、数少ない武器であるロングフィードは鳴りを潜める。更に苦手なディフェンスも対人の弱さを露呈しており、現時点では決して好調とは言えず(「不調」と呼ぶほどでもないけど)。すでに多くのユベンティーニから厳しい声が届いているが、2シーズン前にシレっと家出から戻ってきて、シレっと背番号19をペリンから奪い、そしてシレっとミランとのアウェイ戦出場を辞退したような強いメンタルを基に、年明けからは後方からチームを操る姿を見せて欲しいと願っています。

 

フトシ 4.0

昨シーズン終了後に手術した右肩のリハビリ並びにサパタに踏ん付けられたイチモツの強度回復を待ったために、第7節までは欠場を強いられたが、戦列に復帰してからは全試合にスタメン出場を果たす。すでにユベントスの将来を背負うべく活躍を見せているが、チームメイトのおふざけが過ぎてチームを離れたくなるのではないかと心配も残ります。いや、そうなったらふざけている人に出て行ってもらうしか。。。

 

オジーロ 4.0

「えっ、あのオジーロが!?」って思ったユベンティーニも少なくないはずで、昨シーズンは4バックの右サイドを任されるケースが多かったものの、まーーーーーーーーーーーったくインパクトあるプレーは見せられず。それだけに「えっ、あの39歳のオッサンが!?」と思われても仕方のない事。前半戦は小五郎の信頼も厚く、実に公式戦19試合のうちの18試合に出場する事になったが、年明けはコンディションに気を配りながらも、蟹座らしい味のあるプレーでチームの勝利に貢献して欲しいと願います。

 

 

あばらる君 2.5

今シーズンは飛躍が期待されたものの、怪我により2度に渡る戦線離脱を強いられ、バルセロナ戦(CL・GS第2節)の退場以外では見せ場を作る事が出来ず。昨シーズンも後半戦を怪我で棒に振っており、ユベントス加入後はいまだ大きな活躍を見せたとは言えず。迎える2020-21の中盤戦~後半戦においては少なくとも10回くらいは退場して(全て一発退場ね)、「退場王国にアバラル君あり」と言わせるくらい存在感を示して欲しいです。

 

ドンキー 3.0

開幕スタメンを予想されながらも、直前で怪我を負ってしまった為に出遅れ、今シーズン初出場は第11節のカリアリ戦まで待たされる事に。復帰後はスリーバックの一角とウィングバックを任され、安定感あるプレーを披露はしているものの、とは言え目を張るような活躍を見せているとは言えず。ウィンターブレイク後は3-5-2システムにおいて、ドンキーがどんな形でチームの歯車になるかにも注目したい所(たぶんそんなに注目してないけど)。

 

ヒゲダン 3.0

今シーズン開幕戦、全世界の予想を裏切ってスタメンに名を連ねたヒゲダン。小五郎の下で大きく飛躍する事が期待されたものの、それ以降はドンキーの戦列復帰もあり慣らし運転が続く事に。ヒゲ的にもイジるには至らず、老け顔的にも10歳乗せるには至らず、そしてプレーもレギュラーを取るには至らず。ユッティみたいな中途半端を代表するような選手にならない事だけを祈っています。

 

 

まとめ

今回はちょいと真面目な部分も含めてコメントしたので時間が掛かってしまったのですが、逆に「これまでいかに自分がふざけながらコメントを付けていたか」と言う事と「オチを付けながらふざけたコメントを書く方が簡単」だと気づき、すっかり心身ともにおふざけ体質になっている事を知らされました。

 

(後編に続く)

 

【最新のJuveTube🎥】

これはMajiでオススメだよーーー😎