【ななめ読み】2020-21、キエッリーニは最終シーズンとなるのか

2020-21、キエッリーニは最終シーズンとなるのか

今シーズンも機体のメンテナンスにより2度に渡るリコールを余儀なくされているロボですが、ビアンコネロのユニフォームに袖を通すのも今シーズンが最後になるかもしれません。

Momblano

ジョルジュ・キエッリーニの口から、今シーズン限りで「引退」の言葉が出る日が近付いているかもしれない。

 

今シーズンはすでに9試合をメンテナンスで欠場しているロボ。そして、チームにはフトシ、アバラル君と言う新鋭センターバックがおり、新旧交替のタイミングである事は確か。更に揉太郎、ユッティと言った計算出来ないセンターバックも来シーズンになればチームに戻って来る事から(契約上は)、ロボが『引退』を口にする事に関しては100パーセント否定する事は出来ません。

 

ちなみにサラッと読み飛ばしている方もいるかと存じますので念の為に再度お伝えさせて頂きますが、揉太郎とユッティは‘’計算出来ないセンターバック‘’であり、基本的には「人数合わせ」もしくは「賑やかし」となります。お間違えのないように。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

モラタがもらってた

スペイン代表の一員としてドイツ代表との一戦にスタメン出場したスネ夫ですが、生意気だったようです。

(削除されていなければこちらのTweetでゴールシーンを見る事ができます)

 

スネ夫は後半28分まで出場し、前半17分にはコーナーキックから頭で合わせて貴重な先制ゴールをマークを挙げ、これで今シーズンは11試合に出場して7ゴール・3アシストを記録(ユーべ、代表合わせて)。

ちょっと月ユベ編集部の予想を超える活躍を見せておりますので、こちらも負けじと『実は芸人』である事を前面にアピールして、ありのままのスネ夫(@Disney)を皆さんに知って頂く努力を続けたいと思います!

 

すみません、これがどんな状況だったのか知っている方がいれば教えて下さい。

 

 

ボヌッチ、予定より早く復帰か!

怪我により20日間の離脱が発表され、早速ファンからは『お前から頑丈さを取ったら何が残るんだ』と言った叱咤激励の言葉が届いているポヌッチですが、復帰時期が早まる可能性が出て参りました。

Romeo Agresti

ボヌッチの復帰は前倒しになる可能性がある。早ければベネベント戦(11/29)からディナモキエフ戦(12/3)までの間に復帰を果たすかもしれない。

 

たぶん最初から『2週間程度』だったものを、本人が誇張して3週間と伝えていたのがバレただけだと思います。「いやー、早く戻ってきてくれて助かったわー」って言われたいだけなんでしょうね。言わんけど。

 

 

ディバラの契約延長は進まず

ファンの間でも「話が進まないから心配」と言った感じではなく、「話が進まないと放出もあり得るよね」的な雰囲気を感じ取れるのが残念だよね。

Momblano

ユベントスとディバラサイドで契約延長に向けた話し合いの場は、ここ数週間のうちに持たれる事はないだろう。

 

とりあえず年俸が少なからずネックになっているのであれば、『目立ちたいから』と言う理由で離脱しているキャプテン風味風の給与の一部をカットしてチュンの年俸に当てればいいし、肖像権については良く分からないので、取り合えず偽キャプテン風味の肖像権も全部渡しちゃえばいいと思います。要らんけど。

 

 

怪我人情報

最後に毛蟹、じゃなくて怪我人情報です。

Romeo Agresti

キエーザ、ディバラ、ラムジー 、キエッリーニは個別トレーニングをこなしており、アレックス・サンドロとデ・リフトは全体練習に合流。ボヌッチは痛めた右足大腿部の回復の為に、リバビリに向き合っている。

 

ヤマザキ製パンがユベントスをイーメジキャラクターに使って、『ユベントス、秋の怪我人まつり』てキャンペーンでも打ち出してくれませんかね。そしたら毎日ヤマザキのパン買うんですけどね。買わんけど。

 

 

まとめ

月ユベとしてもスネ夫のブランディングに力を入れて行きたいと思います!

 

 

🆕ユベントス・ライフ~暮らしの側にユベントスを~

【最新のJuveTube🎥】