【ななめ読み】マッケニーがコロナ陽性により戦線離脱。その穴を埋めるのは‘’あの選手‘’だ!

マッケニーがコロナ陽性により戦線離脱。その穴を埋めるのは‘’あの選手‘’だ!

今シーズン開幕前に行った親善試合のノバーラ戦、そして開幕のサンプドリア戦での「いえぇぇぇぇぇえええええい!」により、一気にユベンティーニからの信頼を掴んだ池崎ですが、新型コロナウィルス陽性反応が出た事を、ユベントス公式サイトが伝えております。

ユベントス公式

ユヴェントスフットボールクラブは現在のプロトコルに従った検査の結果、 ウェストン・マッケニーの新型コロナウイルス陽性が確認されたことを発表します。

 

キーちゃんに続き池崎までコロナ陽性反応が検出。症状の有無についてはまだ公式に発表されておらず、まずは池崎が大事に至っていない事を祈るばかり。

 

 

そして次に考えるべきは今週末から続く連戦に関して。現在ユベントスの中盤においては池崎の他にラビ彦、カリメロ、そして主任が名を連ねますが、カリメロ、主任ともに『コンディションバッチグー』とまでは戻っておらず、少なからず不安が残る状態。

 

 

しかし

 

 

しかしのしかーし

 

 

みなさんあの選手を忘れていませんか?

 

 

 

 

備えあれば憂いナス

 

 

転ばぬ先のナス

 

 

そして

 

 

振り返ればナスがいる

 

 

 

ちょうど彼氏もチームトレーニングに戻った所。

 

 

 

きっと、ユベントスにとっては「雨降ってナス固まる」になると思います。

 

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑
🏨Go To Travelなら楽天トラベル🚙

 

ユベントス対ナポリは『3-0でユベントス勝利』に

揉太郎(現フランスに島流され中)がパイーニを揉む以上に「揉めに揉めた第3節の結果」について、『ナポリの試合放棄によりユベントスに勝ち点3』『更にナポリはペナルティ(※)として勝点マイナス1』となる事を、セリエAならびにユベントスが正式に発表しました。

(※今回の記事で挙げた『ペナルティ』は罰則の方のペナルティを指しており、ワッキーとヒデからなる「お笑いコンビ‘’ペナルティ‘’」を指している訳ではない事を、念の為にお伝えさせて頂きます)

もちろんこれで揉み終わった訳ではなく、ナポリは控訴する気満々マンでしょう。ここからもうひと揉み、もうふた揉みある事は間違いありませんが、イタリアには『パイは揉んでも揉まれるな』と言う諺(ことわざ)もありますし、ユベントスには「これで一件落着」として今週末のクロトーネ戦、来週迎えるディナモ・キエフ戦の準備に向かって欲しいと思います。

 

 

HIROSHI

フリーターのヒロシ氏に、求人が届くかもしれません。

Football Italia

開幕後1勝2敗とスタートダッシュに失敗したマンチェスター・ユナイテッドだが、後任候補にアッレグリとポチェッティーノの名前が挙がっているようである。

 

今シーズン3試合で失点11のユナイテッド。この調子が続くようであれば、変態策士を招聘して立て直しに掛かる可能性もありますが、ビハインドの状態から両サイドバックを交代しても、スリーボランチの1人が攻撃時はスリーバックの一角に入っても、試合中に激オコぷんぷん丸になってジャケット放り投げたとしても、チームとして受け止める覚悟があるならお声掛けしてみて下さい。

 

 

パラティーチはユベントス残留

『パラ男→out、ケルビー兄→SD就任』と噂されていましたが、『パラ男→stay、ケルビー兄→FD就任』に落ち着いたようです。

Romeo Agresti

ゲルビールはフットボール・ディレクター(FD)となり、パラティーチ直下の役職として務めることになった。

 

ぶっやっけ『SD』とか『FD』とか良く分かりません。編集長が分かるのは『レイザーラモンHGのHGはハードゲイの略』て事くらいです。

 

 

プレミアのチームがディバラに興味を示す

出川哲朗風に言うならば「高いよ高いよ」って事なんだと思います。

Daily Mail

マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムは引き続きパウロ・ディバラに対して強い興味を示しており、そしてユベントスは契約更新に向けて選手が要求する1500万ユーロにも上る年俸を、払うつもりはないようだ。

 

現在の契約は2022年6月までなので、チームとしては少なくとも今シーズン中に契約更新をまとめておきたい所。ただ、1500万ユーロは高いっちゃー高いし、そこまで要求するならもう一皮ズルっと剥けないと、さすがにチームも1500万ユーロは出さないでしょうな。

 

ちなみにキュンって「キーちゃん系」「スネ夫系」「ミノル系」のうち、何系なんですかね?

 

 

まとめ

ユベントス対ナポリの一戦が成立した事により、ラビ彦のサスペンションが消化される事になったようです。これを受けてユベンティーニからは「よっしゃー」的な声が挙がっていますが、これがポヌッチだったら「要領が良すぎ」とか「自主的にクロトーネ戦も出場停止にすべき」とか「消化する代わりにアフロにしろ」とか言われていたんでしょうね、月ユベに。

 

そりゃ、パーヒャク言うでしょうね。

 

🏨Go To Travelなら楽天トラベル🚙

【最新のユベ議室お題😎】