ロナウド、ラムジーが戦線離脱。ユベントスの前線はどうなる!

皆さますでにご存じ中のご存知だと思いますので超スピで端折りますが、キーちゃんがコロナ太郎に襲撃され、羊が筋肉系トラブルの疑いによりそれぞれ代表から離脱。どうやら今週末から再開されるリーグ戦、更には来週半ばから遂に始まるチャンピオンズリーグにも影響を及ぼしそうです。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑
🏨Go To Travelなら楽天トラベル🚙

 

まずはキーちゃんについて軽く触れておきますと(みんな知ってるだろうけど)、ポルトガル代表に帯同中に受けたPCR検査において陽性反応が出た為に代表から離れる事になりましたが、無症状と言う事で自主隔離中。両日中にはポルトガルからイタリアへ戻ると言われてはいるものの、少なくとも10日間は隔離生活は必要となり、10月21日に行われるディナモ・キエフ戦までは欠場確定。そして翌週(10月26日)に行われるエラス・ヴェローナ戦に出場する為には‘’前日までに‘’陰性反応が出ていれば問題はありませんが、チャンピオンズリーグの規定ではそれが‘’一週間前‘’と定まっているので、10月29日に行われるバルセロナ戦に出場する条件として、10月22日までに陰性反応を示す事が必要となります。(※全部日本時間で表記)

そしてこればかりは何とも言えず、まずはキーちゃんにこれ以上の症状が出ない事を祈るばかりではあるものの、個人的には「キーちゃんならコロナと言えども至近距離からのキャノン砲で遠くまで吹っ飛ばしてくれるんじゃないか」と期待しています。いやキーちゃんならやれるでしょう。

 

 

そして「筋肉系のトラブルにより代表から離れた」と言われている羊に関しては、どうやら筋肉の損傷には至っておらずに、数日間に渡り経過を見ながら今後の事を決める事になりそうです。

今シーズンは小五郎の下でトップ下のポジションを与えられ、『良かった時の羊』に戻っていたと編集長も感じておりましたし、加えてキュンも胃腸炎だか何だかで代表での出場をストッピングしているようなので(帯同はしているみたいだね)、チームにとっても羊本人にとっても大事に至っておらずに何より。もし筋肉に違和感があるのであれば今週末のクロトーネ戦を欠場してでも、翌週に控えたディナモ・キエフ戦に標準を合わせて頂きたいと思います。

 

って優香、「筋肉に違和感」って言うより「‘’羊自身‘’って言う表現に違和感」を覚えるのは編集長だけでしょうか。知らんけど。

 

 

となると最初に考えるべきは今週末に迎えるクロトーネ戦。キーちゃんの欠場は確定であり、更に大事を取って羊も休んだとして、小五郎は前線3枚をどうする事か。

 

まずツートップに関しては「スネ夫が軸になる」と言われており、そこに誰を絡める事になるか。第2節のローマ戦では右ウィングバックで起用されたミノルをトップに戻すのか、それとも加入したばかりのキエーザをぶっつけ本番で起用するのか、はたまた全体練習にも復帰したナス大を本来のトップの位置で使ってくるのか。この後で取り上げるトップ下に誰を起用するかにもよる所がありますが、いずれにしてもスネ夫が空回る事だけは間違いないと思います。いや空回るくらいならいいのですが、決定機を外して頭抱えるシーンまで見えているのは編集長だけでしょうか。

 

 

そしてキュン、羊が欠場するとなると一気にチンピーになるのがトップ下。これを機に小五郎がシステム自体をイジって来る可能性はパーヒャク否定する事はできませんが、『羊が早々に戻って来る』と言う前提であれば、次に控えるディナモ・キエフ戦に向けてシステムはいじりたくないのは本音だと思います。

そこでトップ下候補に挙がっているのが「ミノル」(※月ユベ調べ)。まだ若干20歳の童貞と言う事で具体的な映像までは残っていないものの、Transfermarktの記録によればアタランタのプリマベーラ時代は「セントラルミッドフィルダー」として多くの試合に出場しており、もしかしたらその経験を買って小五郎がミノルをトップ下で起用する可能性も否定できず。むしろ小五郎はクアマンを左で使うほどのチャレンジャー精神の持ち主でもあるので、クアマンを左で使うほどのチャレンジャー精神の持ち主でもあるので(大事な事なので2度言いました)、まさに「これを機に」とミノルをトップ下で童貞卒業させる可能性もあると考えています。

※むしろCentral Midfieldが一番多いのよね。

 

 

まとめ

SNSなどでも少し声が挙がっておりますが、やはり今シーズンのユベントスの強みはチームに汎用性を持った選手を多く抱えている事と、そしてその選手達を見た上で小五郎が3-5-2システムを採用していると言う事。確かにキーちゃんも羊もユベントスにとって重要な選手ではありますが、かと言って「依存している」と言う訳でもなく、他の選手が出場しても十分に機能すると信じていますので、クロトーネ戦ではチームがひとつとなって戦う姿と、スネ夫が豪快かつ大胆にゴールを外してうつむく姿を見せて欲しいと願います。

 

 

まずはキーちゃんが大事に至らない事、そして羊の経過が良好になる事を祈りつつ、我々は小五郎が打つ手を予想しながら、チームの健闘を祈りましょう!

 

 

 

Forza Juve!

 

🏨Go To Travelなら楽天トラベル🚙

【最新のユベ議室お題😎】

「ユベントス・ロス」の時こそ、おいでよユベ議室へ!

🏪コンビニ決済はこちらから🏪