【クルゼフスキに見て欲しい物がある】2020-21シーズン第2節 vs ローマ戦 マッチレビュー

ローマ 2-2 ユベントス

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

開幕戦でドドーンと快勝した事によりファンの期待を一手に受けているピルロユベントス。この第2節のローマ戦に関しても「良い流れに身を任せて」と言わんばかりに前節同様のスタメンが予想されていましたが、蓋を開けて見ればビックリドンキー。テレサ・テンにしてもこのメンバーを目にしたら、「時の流れに身をまかせ」とは言えなかったと思います。いや、言う意味もそれこそテレサ・テンとユベントスの接点もパーヒャクないんですが。

 

 

って事で、スタメンドーーーン!

開幕戦に続き攻撃時4-4-2で守備時3-5-2の可変式。そして注目は両ワイドに配置されたクアマンとミノルなんですが、右利きのクアマンが左で、左利きで童貞のミノルが右。たぶんピルロに何か狙いがあったとは思うんですけど、結果としては「機能した」とは言えず。両ワイドが中へ中へドリブルする事で、ちょっと手狭感が生まれてしまった事は確か。まぁ何にしてもクアマンの左はちょい厳しい感じもしますが。

 

 

開始序盤はボールがほとんど繋がらず、ディフェンスラインから苦しいロングフィードを出してカットされる場面もしばしば。そしてこの試合において何よりも印象的だったのは、ポヌッチのロングフィード(=ポヌ砲)が全然見れなかった事。開幕戦では生意気にも右のクアマン、左のフラボッタ目掛けて生意気にピンポイントパスを供給していたものの、この試合では生意気にもそれが全く鳴りを潜めた事により、この試合でいかにピッチを幅広く使えていなかった事を証明する形になってしまったのですが、最終的には「それもこれもディフェンスリーダー風のポヌッチの責任」で間違い無いと思いますし、とにかく生意気です。

あとディフェンスラインについては、試合を通じてロマン溢れるシーンも幾度かあったものの、最終的には事なきを得ておりましたし、何と言ってもロボのコンディションが良いのが嬉しい限り。昨シーズンは開幕戦ゴールを挙げた後、第2節のナポリ戦を直前にして『機体不良』により修理工場に送られる事になったカピターノですが、今シーズンは対スアレス用に補強した左肩の部分も含めてバッチグーな状態(残念ながらスアレスは来なかったけど)。動きにもキレがあるだけではなくいつも通りカクカクもしてますし、引き続き近めの選手に対しても容赦ない強めの千本ノックパスを見せており、シーズンを通しての活躍に期待できそうです。いやモチのロン、こっちとしても安心はしていませんが。

 

 

攻撃については新加入のスネ夫がサプライズでスタメン出場を果たしました。しかし‘’まだまだ‘’と言う部分は多く、特にキーちゃんとのコンビネーションには改善の余地があるものの、「ここで一気にファンのハートを鷲掴みにしないのがスネ夫」って言う安堵する部分もあります。たぶん10節も終了する頃には「あれっ、スネ夫って期待していた程……」みたいな声が挙がって来るはずで、そしてスネ夫も引き続き活躍しないんですが、そこでどうしても勝ち点が必要なCLの大事な試合で点を決めたりするのがスネ夫と言う男なんだと思います。

ちなみにスネ夫が第一次ユベントス在籍時に編集長は、一身上の都合で某ロンドンのクラブを応援していたので当時のスネ夫のプレーを見ていないのですが、周りのユベントス仲間がそんな風に言っていたので、あたかも「俺、スネ夫のこと昔から知っているし」風な感じを出す為に、ちょっと語って見ました。てへっ。

 

🏨Go To Travelなら楽天トラベル🚙

 

そしてキーちゃんに関しては、「これぞミキプルーン!」って言う起死回生の同点ゴールを挙げた訳ですが、取り合ずミノルにはどれくらいズル剥けたらあんなゴール決められるかを身をもって教える為に、ロッカールームでチンコを見せてあげて欲しいと思いました。

つーか、こんなに飛んだら、そりゃ左にいるクアマンもビックリするわ。

 

 

 

って事で引き分け!

 

 

しかし価値ある引き分け!

 

 

「左にクアドラード」とか、山ちゃんだったら愕然としていたけど、ピルロには期待しかない。しかしこれも人徳!

 

山ちゃんはあの風貌だから仕方ない!

 

 

 

って事で、ナポリ戦は勝つぜーーー

 

 

 

Forza Juve!

 

🆕ユベントス・ライフ~暮らしの側にユベントスを~

【最新のJuveTube動画🎥】

今シーズンは他チームの分析もしてみようと思ってまーす😎