【急転直下】モラタがユベントス復帰に向けてトリノ入り!

少し前まで戻れば「ミリク」から始まり「ラカゼット」「スアレス」「ジェコ」、あとは誰か忘れましたが色んなひとの名前が挙がっていたセンターフォワード候補に関して、最終的にユベントスが選んだのはなんと「アルバロ・モラタ」でした。

 

お父さん、昨日の夜はJuveTubeの新コーナー「呑みユベ」の収録をしていて、その酔ったままにユベントス関連ニュースをノーケアで朝まで寝こいていたので、起きてみてビックリドンキー!いやー「最悪、ジェコ獲得が頓挫すれば、ナス大をセンター・フォワードにコンバートかな」なんて思い始めていた所に、BD(※)なニュースが飛び込んできました。

(※BD=「ビックリ・ドンキー」の略です)

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

そして記憶に新しい方もいらっしゃると思いますが、モラタは2014-16までの2シーズンをユベントスで過ごし、公式戦93試合に出場して27ゴール・18アシストを記録。実はこの2シーズン、編集長はちょっとばかしイングランドはロンドン方面の偵察に時間を費やしていたので、モラタがユーべでどんな働きを見せたかは分からないのですが、周囲に聞く限りでは「国内リーグではあまり点を取らないのに、チャンピオンズとか重要な試合で結構点を取る不思議な選手でした」と耳にしております。

確かに調べてみると2014-15は「セリエA:8得点/CL:5得点」とCLの得点率が高く、2015-16は「セリエA:7得点/CL:2得点」に終わっているものの、CLは敗れたバイエルンとの準々決勝進出を懸けた1stレグ、2ndレグの両試合でアシストをマーク。確かにアトレティコでの働きを見ても突出した個の力を見せてはおりませんが、瞬間的な判断やここ一番での勝負強さなどを持ち合わせており、最終的には「モラタがもらった!」って言うゴールシーンが多く見られるのではないかと期待感が膨らみます。えぇ「モラタがもらった!」です。

 

 

メディカルが控えているのでまだ「正式決定」ではありませんが、ユベントスに新しいセンターフォワードが加わる試算が付い事は間違いないでしょう。

そしてズルムケのキーちゃん、真性のミノルに、恐らくは仮性とも思われるモラタが加わったアタッカー陣をピルロがどのように起用するのか、今から楽しみでなりません。

 

恐らくは数日のうちにチームからは「モラタ、ユベントス加入決定」の報が届くと思いますので、月ユベ編集部としても愛称を考えながらも楽しみに待ちたいと思います。

 

 

Come on モラタ!

 

 


【月ユベ編集部より😎】

JuveTubeの新コーナー「呑みユベ」を準備中です。お楽しみに!🍺