【ななめ読み】放出決定のイグアイン、行き先はプレミアかカタールか。他

放出決定のイグアイン、行き先はプレミアかカタールか

なんだか居なくなる事が決まると、途端に寂しくなりますよね。

 

 

これが愛。

 

それが愛。

 

「愛がいちばん」って事なんでしょうね。

 

Corriere Dello Sport

ユベントスはイグアインの受け入れ先を探しており、プレミアやカタールのチームに打診している。そして選手は契約を解除する代わりに「年俸の全額保証」を求めている。

 

ぶっちゃけ移籍先のチームが750万とも800万とも言われるポルちゃんの年俸を全額払えるとは思えず、ワンチャン「カタールのオイルマネーがどうかなー」と淡い期待を寄せる程度。実際にはユベントスがその差額分(現在手にしている年俸から移籍先が払う年俸を差し引いた額)を負担する形になりそうだけど、今回は公式会見中に「公開島流し発表」となって可哀想な部分もあるし、なによりも月ユベに大きく貢献してくれた選手なので(チームにとって貢献したかは分からんけど)、チームとして出来る限りの事はしてあげて欲しいと願います。

 

 

なんにしても、ポルちゃんのこの笑顔が見れなくなると思うと、寂しくなるねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Forza ポルちゃん!

 

 

※ポルちゃんを元気づける為に、途中でご親族の写真も忍ばせておきました。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版
⚪⚫→ユベ議室の入会・ご案内はこちらから🙂

 

オリヴィエリは移籍確実か

昨シーズン終盤戦にちょいちょい名前が出てきたオリヴィエリですが、今シーズンは戦場をセリエBに移しそうです。

SKY

オリヴィエリ獲得レースにおいてはエンポリが一歩リードしているようだ。選手にはセリエBの多くのチームが興味を示している。

 

マルコ・オリヴィエリ、推定31歳(公称は21歳だけどたぶん詐称してる)。移籍するとなれば「完全移籍」なのか「期限付き移籍」なのか分かりませんが、年齢的にもベテランの域に達しますので、最後に一旗揚げて頂きたいと思います。

 

 

コッコロ、ユベントスとの契約を延長か

逆に同じユースチームに所属するコッコロは、契約延長で話が進んでいるようです。

Tuttosport

ユベントスU-23に所属するコッコロ(22)の契約は2021年6月で満了となるが、チームは契約延長で話を進めている。また、加えてAチームへの昇格も視野に入れているようだ。

 

「若くてイケメン」って所が少し引っ掛かりますが(編集長とのイケメン対決とかではなく、チヤホヤされて浮ついちゃうんじゃないかな、と)、今シーズンに関しては清原コーチがおりますので、その辺の気合根性注入はしっかりとして頂けると安心しております。

って優香、センターバックも左サイドバックも出来るんでトップチームでも重宝されるだろうし、月ユベでも「隣のコッコロ」って感じで使い勝手は良さそうだしね。

 

 

エバートンがラムジーに注目

「ハマれば面白いんだけどねぇ」と言い続けて1年が経過してしまいましたが、この1年をピルロはどう見ていたのでしょうか…。

Gazzetta

エバートンはラムジーに注目しており、ウェールズ人ミッドフィルダーは1シーズンでトリノを離れる事になるかもしれない。しかし、獲得に向けて高額な年俸がネックとなっている。

 

ラッシーを長年見て来た編集長からすると、ぶっちゃけプレミアの水の方が合ってる気がするのは確かなのよね。それに、ラッシーの力を発揮する前にチームを離れるのも勿体ない気もするけど、でも実際に月ユベでも起用方法に苦戦しているのは間違いないのよねぇ。

 

 

ミナミノが公式戦初ゴール

昨シーズン途中、リバプールに加入するもシーズンをノーゴルで終わり、日本人の一部のサッカーファンからは「このままだと日本における南野において、洋子の壁は破れない」とまで言われた南野拓実ですが、プレミアリーグ王者リバプールとFAカップ覇者アーセナルが対戦したFAコミュニティシールドにおいて、リバプール移籍後初ゴールを挙げました。

このゴールで、南野陽子と比較されるプレッシャーから解き放たれるといいですね。

 

 

まとめ

南野陽子、53歳。元スケ番とは思えないほど素敵です。

 


【最新のユベ議室お題😎】

ついに他サポさんからの寄稿もリリースされました!幅広くサッカーファンを受け入れておりまーす。

⚪⚫→ユベ議室の入会・ご案内はこちらから🙂