【ななめ読み】No.9のファーストチョイスは『エディン・ジェコ』!※最後に年に1度の大切なお知らせ有り

No.9のファーストチョイスは『エディン・ジェコ』!

ミリク、ヒメネス、ラカゼットと名前が挙がる中で、どうやらピルロの『第一回選択希望選手(パンチョ伊東風に)』は、ローマのジェコのようです。

【La Stampa】

ユベントスはジェコ獲得に向けて、ローマと話し合いの場を持つ事になりそうだ。このボスニアン・アタッカーは、ピルロが期待すると同時に、クリスティアーノ・ロナウドを活かす為にも、最適なる選手だと考えられている。

 

 

ピャニッチの方のエディンくんは元気にしとるんかな。

 

 

 

エディン・ジェコ34歳。確かに年齢だけを見れば『高齢化推進?』て声が挙がっで不思議ではありませんが、しかし今シーズンも43試合に出場して19ゴール・14アシストと、存在感を遺憾なく発揮。更には19ゴールのうちの6つをヘディングで決めており、今シーズンユベントスが苦戦した『エアバトル』での活躍も期待できそうです。

まぁ、あとは何と言っても記事にある通り「キーちゃんを活かせるか」がポイントとなるけど、2019-20は14アシストで2018-19は10アシストと、周りを活かす能力も証明済み。この数字を見る限りだと、直近1年〜2年だけを考えるのであれば、「アリっちゃーアリかなー」とも思います。(モハメドではなくてMajiで)

 

ちなみにですが今シーズン、ポルちゃん選手はヘディングでのゴールはひとつもございません。そして更にですが、昨シーズンの島流しされていた期間においても、ヘディングでのゴールはございません。よって、ハゲた原因がヘディングでは無い事をこの場にて確認・共有させて頂きたいと存じます。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版
⚪⚫→ユベ議室の入会・ご案内はこちらから🙂

 

新星ザニマッキアにスペインからオファーか

今シーズン終了間際、右サイドでチョコマカチョコマカとアクセントを付けて存在感を示したザニマッキアですが、『リーガ・エスパニョーラのサラゴサが獲得を目指している』と、SKYが伝えております。

せっかく出て来た芽が、レンタル移籍とは言え摘み取られちゃうのは悲しいし、注目していた編集長としてはこのニュースを目にして『なに、マジか!?』て感じですよ。えぇ『ナニ、マッジカ!?』、からのー『ナニマッジカ』、からのー『ザニマッキア』て感じですよ。

 

 

支払ってやりなさい

ユベントスが放牧・出荷したい選手ランキングに名を連ねているポルちゃん(放牧部門1位)とナス大(出荷部門1位)ですが、「契約解除するなら、来シーズン分の給料は払ってくれ」と本人達は口にしているようです。(Gazzettaより

結局の所、ユーベとしては契約解除する事により、移籍金の発生を放棄する代わりに年俸の支払いを逃れようとしているので、来シーズン分を支払う事はパーヒャクないと思いますが、『移籍先が設定した年俸との差額を負担する』て事はあるかもしれませんね。

 

まぁ、ユーベと言うより月ユベに貢献してくれた選手たちなので、誰かの年俸ママチョってでも負担してあげて欲しいですね。

 

 

デミラルはじめました

最近よく名前が出てくる、TuttoSportのGuido Vaciagoさんからの情報です。

デミラルの新シーズンはスタートした。トルコ人ディフェンダーは、今シーズン開幕前、そして冬のオフ明け同様に、早いタイミングでコンティナッサに姿を現した。そしてユベントスは選手に大きな期待を寄せており、届いた幾つものオファーに断りを入れている。

 

今シーズンは怪我に泣いたアバラルくん。この意気込みが完全にカラ回る可能性しか感じませんが、とりあえずオーバーワークにならないように気を付けて欲しいですし、もしそうなりそうになっは場合は、ふと『背番号2』の立ち振る舞いを頭に浮かべて、少しブレーキを掛けて頂きたいと存じます。

 

 

吉田麻也、サンプとの契約を1年延長

今シーズン、カルチョ再開後、全ての試合に出場を果たした吉田麻也。契約上では「もう1シーズン延長する権利を持つ事ができた」と言われていましたが、それを行使する方向でチームとの交渉に当たっているようです。(ネタ元

 

冬の移籍後、吉田麻也は安定したプレーを見せていただけに、サンプのラニエッリ監督もここ数週間は

 

 

もーいいか

 

まーだだよ

 

もーいいかい

 

麻也だよ

 

 

って感じだったに違いありません。

 

でも、だからなんだって言うんでしょうね。

 


【編集長から年に一度の大切なお知らせ😎】

今月、実は誕生日を迎える編集長なのですが、今年はamazon欲しいものリストを掲載する事をやめました。すでに皆さんからは「応援」と言う形で十分にプレゼント頂いているし、編集長が欲しいのは「モノ」ではないし。

いや、本当にお気持ちだけで結構ですから、お気持ちだけで。