【吉田麻也には秘策があるはずだ】2019-20シーズン第36節 vs サンプドリア戦 プレビュー

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

カルチョ再開後は苦戦を強いられているユベントスですが、国内リーグだけを切り取りすれば結果は「5勝2敗2分」と決してテッテレってる訳ではなく、むしろ過密日程に加えて怪我人多発の状況下において、よく2位以下を1馬身以上離しているとも言えるのではないでしょうか。

 

とは言え、そろそろスクデット決めてもらわないとリヨン戦への影響もあるだろうし、何よりも「セリエ史上最大のテッテレーになっちゃうんじゃないか」と言う心配があるのも確かではあります。

 

 

その優勝が懸かる一戦で、ホームに迎え撃つのはサンプドリア。現在順位は14位ながらもまだ残留を確実なものにはしておらず、しかも前節はジェノアダービーに敗れたチームとしてはこのユベントス戦に勝利を収めて、ファンに対して大きなアピールをしたい所。

 

そして日本人ユベンティーニにとって、この試合における楽しみの一つに「吉田麻也の出場」が挙げられると思います。第26節から連続出場を果たす日本代表センターバックですが、キーちゃんやキュンと言ったユベントス強力アタッカー陣を前にどのような対応を見せるでしょうか。身体を当てて止めに行くのか、距離感を保ってからの駆け引きを見せるのか、積極的にインターセプトを狙うのか、はたまた倒れた隙にチンコを踏んで戦意喪失させるのか。決して体格に勝るアジア人ディフェンダーが世界の一流プレーヤーを相手に、どれだけ出来るのかにも注目したいと思います。

 

 

 

<スタメン予想/4-3-3>

GK:コブタン
DF:クアマン、フトシ、ポヌ、ドンキー
MF:主任、イチさん、ラビ彦
FW:ゴロー、キュン、キーちゃん

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

優勝を決める一戦でゴールマウスを守るのは『俺たちの子豚』ことコブタン。出場した直近6試合連続で失点を喫しておりますが、そんな集団イジメにも負けずにクリーンシートを狙って欲しい所です。両サイドバックは右にクアマンで左がドンキー。両選手ともそろそろ疲れが見え隠れして来ているものの、何があっても「最終的にはキャプテン風味の責任」になりますので、思い切ったプレーを見せて頂きたいと願います。センターバックには肩の負傷を押してフトシがスタメンに名を連ね、その横にお供え物程度にポヌッチの坊主頭がちょこんと乗ります。

中盤は2試合出場がなくコンディションは良いであろうイチさんを中央に、右に主任で左にラビ彦。主任はサスペンションにリーチとなっているのであと3試合を何とかやり切って頂きたいですが、そろそろ我慢できずにカレー食べちゃっても仕方ありません。そして左のラビ彦は完全にレギュラーを奪った感がありますが、まずは前日の夜に十分なマモパイタイムを取るなりして、落ち着いて試合に臨んで欲しい所です。

前線3枚はポルちゃんが帯同メンバーに戻ると聞いてはいますが恐らくベンチスタートになり、右からゴロー、キュン、キーちゃんの並びに。キーちゃんに関しては得点王を狙える位置にいますので、この試合で50点くらい固め取りしてセリエA得点王を確実なものにすると同時に、某ポテト系選手が保持している「セリエA最多得点記録(36点)」も一気に更新しちゃって欲しいと願います。

 

 

 

とにかくここまで来たら気合と根性!

 

ぶっちゃけ「1敗2分」でもスクデットが決まる状況下ではありますが、苦しみに苦しみ抜いたシーズンだからこそ最後はスカっと勝って、そして笑顔のままにピンちゃんでシーズンを締めて欲しいと考えております。

 

 

Forza Juve!

 


【最新のユベ議室お題😎】