長期離脱中のデミラル、ラツィオ戦でのベンチ入りが濃厚に!

 

皮肉にもミラン戦の敗因に『センターバック』が取り上げられた事により名前が挙がったデミラルですが(「デミラルがいれば!」的な感じで)、当初「今シーズン終盤での復帰を目指す」と言われていたものの、早ければラツィオ戦でベンチ入りする可能性が出てきたようです。

Juvefc.com

デミラルは順調に回復しており、アタランタの後からチームトレーニングに合流する予定となっている。トルコ代表センターバックは、早ければラツィオ戦に帯同するかもしれない。

 

ちなみに次節(7/12)がアタランタ戦で、その次がサッスオーロ戦(7/16)。その後にラツィオ戦(7/21)だから、だいたい10日後の復帰を目指してる、て感じだね。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版
🆕ユベントス・ライフ~暮らしの側にユベントスを~

 

ミラン戦ではポヌッチと揉太郎の同時多発テッテロもあり、2対4で逆転負けを喫したユベントス。試合後にはこの両センターバックへの批判が相次ぎましたが、実際に問題とすべきは『センターバックのプレースタイル』。ポ、揉と同じカバーリングタイプの選手が並んだ事によりディフェンスラインには歪みが生じ、この両選手のどちらかがフトシ、ロボ、そしてアバラル君のようなアタッカータイプであったら、ここまで崩れる事は無かったと考えます。

 

 

そして国内リーグは7試合、チャンピオンズはリヨン戦を残すチームにおいて(チャンピオンズはリヨンに勝てば続くけど、勝てるかなー)、この『デミラル復帰の目処』が立った事は朗報。確かにロボの自伝執筆&炎上による告知活動がひと段落して、ピッチに戻る日が近いとは言われていますが、ぶっちゃけ年齢的にはいつリコールが入ってもおかしくはなく、そしてこの過密日程の中でデミラルと言う計算できるセンターバックがチームに戻る事は、現在レギュラーとして体を張っているポヌッチ、デ・リフトのコンディション調整にも、ポジティブな影響を及ぼすはずです。

 

ちなみに怪我によりチャンピオンズリーグ登録メンバーから外れているアバラル君に関して、少し前にSNSかネットニュースで『新型コロナウィルスの影響もあり、UEFAは再度選手の入れ替えを了承するかもしれない』と紹介していた記事を目にした覚えがあります。これは全く確かではありませんが、実は現地の方がTwitterで紹介しているデミラルの状況にも『デミラルはチャンピオンズリーグでの復帰を目指している』と書かれており、オフィシャルではないもののその可能性を100%否定はできず。もしもそうなった場合には‘’誰か‘’がメンバーから外れる事になってしまいますが、チームとしてはアバラル君の再投入を優先すべきでしょう。えぇ、誰太郎が外れる事になるかは、我々はまったく分かりませんが…。

 

 

ラツィオ戦に帯同したとしても出場は難しいでしょうが、それでもピンちゃん、松野さんと組むユニット『レッツゴービブス』の一員としてロッカールームを、そしてゴール後は一目散にベンチを飛び出してチームを盛り上げてくれるはずです!

 

まずはこのまま順調に回復して、ピッチの上で本能のままにプレーして、本能のままにPK献上して、本能のままに退場する姿を見られる事を楽しみにしたいと思います。

 

 

Forza アバラル君! 

 

ガオーーー!

 


【最新のユベ議室お題😎】