【前半27秒に何が起こっていたか覚えているか!】2019-20シーズン第27節 vs ボローニャ戦 マッチレビュー

ボローニャ 0-2 ユベントス

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

 

(試合経過)

 

 

前半開始27秒

マッティア・デシリオ

この試合のファーストタッチ(右足)

 

 

前半6分14秒

マッティア・デシリオ

この試合、初のオーバーラップを掛けるも、キーちゃんに見向きもされず。

 

 

前半9分41秒

マッティア・デシリオ

2度目のオーバーラップを仕掛け、キーちゃんからパスをもらう。

 

 

前半11分38秒

マッティア・デシリオ

この試合初のクロスを試みるも、冨安に止められる。タッチラインを割ったボールを手に取り、自らファーストスローイン。

 

 

前半12分8秒

マッティア・デシリオ

再度クロスを試みるも、もちろん明後日の方向に飛んで行ってチャンスメイクならず。

 

 

前半17分4秒

マッティア・デシリオ

ファーストスライディングをかますも、あっさり交わされる。

 

 

前半23分

クリスティアーノ・ロナウド

PKから先制点を挙げる

 

 

前半24分

マッティア・デシリオ

ファーストインターセプトを決める。

 

 

前半36分

パウロ・ディバラ

ベルナルデスキのアシストから追加点

 

 

後半開始

マッティア・デシリオ

引き続き出場

 

 

 

そして後半19分…

 

マッティア・デシリオ…

 

適当に走っていたら…

 

急に右太もも裏を手で押さえて…

 

グランドに倒れて…

 

あいつ、あんなに頑張っていたのに…

 

しかも「一度倒れてピッチの外に出たのに、またピッチの中に入って来たのが遅延行為に当たる」ってイエローカードまで超絶無駄にもらって…

 

 

ううっ…

 

 

す、すみません…

 

 

もう…

 

 

言葉になりません…

 

 

このBoyの顔を見ていたら、思わず嗚咽が止まらなくなってしまいました。試合経過をお伝えしている中、本当に申し訳ございませんでした。えぇ、怪我で途中退場です。

 

 

つーことで、この試合に負けたら「山ちゃんの来シーズンの去就が怪しくなる」「ポヌッチのキャプテンマークが剥奪される(連帯責任的に)」「ピンちゃんの背番号変更必至(ネタ的に)」と言われていたボローニャ戦ですが、キーちゃんのMPK(ミキプルーン・ペナルティ・キック)とキュンの超絶濡れ濡れミドルにより、2対0でボローニャを下し、セリエAにおける復帰戦を勝利で終える事ができました。いぇい!

 

 

まずはスタメン。毎度ながらどのメディアも予想が外れ、まさかのゴロちゃんとラビ彦が名を連ねました。中盤は松ちゃんを休ませる意味と、あとはラビ彦を稼働させておきたい部分もあったと思うんですが、結果としては「松ちゃん>ラビ彦」の構図が明らかとなる事に(後半25分にラビ彦out⇔松ちゃんin)。ラビ彦は試合開始直後は長めのドリブルやフリーランニング、そして中盤でのゲームメイクにも関わっていたので、「マモパイパワー炸裂か!?」と期待したのですが、試合が進むに連れて徐々にトーンダウン。ひとつひとつのプレーはミスなく正確なので、「ダメ、ラビ彦、ゼッタイ!」って訳でもないんですが、なんか小さくまとまっていると言うか、ダイナミックさがないと言うか、被ってると言うか(チンコが)。まぁこうやって書くと、毒者からは「編集長と同じイケメンだからライバル視してるだけでしょ」って言われそうですが、そう言うのは95%関係なく(5%は関係ある)、シーズン通じて「物足りなさ」しか残らないのよね。少なくとももうちょっと戦う姿勢を見せて欲しいなぁ、って思います。

 

逆にゴロちゃんは良かったよー。「濡れるほど良かった」まではいかないけど、これまでのダメゴローを払拭するようなプレー、運動量を見せていたし、何よりもゴールへの意識が高かった。後半には得意のカットインからのシュートも見せていたし(惜しくもポスト直撃)、これから迎える過密日程において、ゴロちゃんの躍動はチームにとってもプラス要素だと思います。ぶっちゃけゴロちゃんに関しては「ゴロちゃん>編集長」とイケメン度では完全に負けを認めているので、そのプレーの評価も正当です。もしこの試合を見ていない方がいれば、次節のゴロちゃんの活躍に期待してみて下さい。

 

 

あとはなんつってもディフェンス陣でしょうね。これでカルチョ再開後の3試合を無失点。右サイドのユッティは残念ながら途中退場となったもののそれまでは安定したプレーを見せていたし、何よりも召集されて帯同してスタメンに名を連ねてちゃんと出場した事を褒めてあげて欲しいです。いままでだったら「スタメンに名を連ねる」から「試合開始」の間に怪我して離脱していた訳ですから、これは素晴らしい事です。確かに「ダメ、離脱、ゼッタイ!」とも言える絶妙のタイミングで怪我はしてしまいましたが、『良い部分は良い』でしっかり認めてあげて頂きたいと思います。

また右サイドのクアマンも適当なパスミスとかズサーはあったものの完全に想定内ですし、むしろ攻撃においてはドリブルで相手をはがすなどでアクセントを与え、そしてフトシともうひとりの髭面のおっさんに関しても、攻守に渡りほぼノーミスと言える内容で勝利に大きく貢献。特にフトシは再開後の3試合においては「世界トップクラス」と言っても過言ではない程のプレーを見せており、来シーズンには本当に世界最高のセンターバックのひとりになるんじゃないかと言う期待感さえ漂わせます。取り合えず周りにいるズル剥けた百戦錬磨のおっさん達から盗めるものは盗んで、もう一回り大きくなって欲しい所です(アソコも大きそうだけどね)。

 

 

この試合に関しては「勝利」が全てであったので、それを踏まえると文句を付ける事は出来ず、あとはこの一週間で起こった「同時多発左サイドバック離脱テロ」にどう向き合っていくか。もう「松ちゃん一択」みたいな感じになっていますが、右にクアマン置いておくなら左は3バックを意識した守備的な選手(それこそロボとか揉太郎とか)を配置して可変式システムを採用してもいだろうし、「左利きの選手」って事で思い切ってコンディションの良さを見せたゴローを試すのも面白いだろうし、同じく左利きって事でピンちゃんを当ててみるのも「Funny」って言う部分で言えば面白いかもしれません。何にしても山ちゃんのバイタリティが試されますが、たぶん試したところで結果は「ダメ」だと思うし試しもしないと思うんだけど、まぁ仕方ないか。人間だもの。

 

 

なんか色々とありましたが、まずはカルチョ再開後の初勝利を喜ぶとしましょう!

 

つーか、やっぱり週2試合は選手もきついだろうけど、月ユベもきつい。でも、みんなの応援があれば乗り切れそうな気がするから、応援よろしく頼むぜ!(突如、孫悟空風に)

 

 

Forza Juve!

 

 

 

 

後半ロスタイム

 

オジーロ

 

退場

 

あまりの衝撃に手がブレましたわ。

 


【試合後もユベ議室で待ってます😎】