【kassimania】日本一過保護なユヴェンティーノ によるセリエA再開展望

今回は執筆チームからkassiさんの投稿になります。kassiさんの生温かくそして優しい目に、セリエA再開はどう映るのか?どうぞお楽しみ下さい。

 


日本一過保護なユヴェンティーノ によるセリエA再開展望

いよいよ22日深夜、ボローニャ戦からセリエAが再開する。(つい最近までやってた何とかというコンペティションは忘れた)

そこで今回はセリエA再開の展望を書きたいと思う。‘’日本一過保護なユヴェンティーノ‘’を自認するボクが、「それでもユヴェントスがスクデットを獲ると思う理由」について考えてみた。親心満載なこの記事を読んで少しでも不安が解消されれば幸いだ。是非ともご覧頂きたい。

 

 

①選手層の厚さ

まずは選手層の厚さ。最近忘れられがちではあるが、「チームとしての完成度は低い」と言われるものの、個人能力の高さはセリエAでは群を抜いている。たとえ塩試合になったとしても最後は選手の個の力でゴールをこじ開けるという理不尽力に期待したい。合わせて交代枠が5枠に増えた点もユヴェントスにとって追い風になるだろう。

 

②ラムジーの復帰

中断期間中にユニフォームを購入した事による個人的な思い入れもあるが、後半戦1番期待しているのはラムジーだ。ディバラとの相性の良さや前線のスペースへ進入するプレーは、中断前からも徐々に発揮されていた。

コッパナントカでは特に怪我箇所が明かされぬまま出場機会が限られていたが、コンディションが整っていれは重要な戦力となる事は間違いない。さらにイグアインも復帰すれば前線のオプションに選択肢が加わり、ユベンティーニが待ちわびる所である。両選手の復帰に期待だ。

 

③守備の安定

あまり言及されてないが、守備陣は再開後高い集中力を保ち非常に安定している。加えてボヌッチ 、デ・リフトは怪我にも強く、ダニーロの好パフォーマンスは嬉しいサプライズだ。そして今シーズン絶望と思われていたデミラルも帰ってくる。

更にはミラン戦で披露した、ロナウドをネガティブトランジション時にCFに据えて『4-5ブロック』を形成する新たな守備の形は、非常に効果的に機能しているように見えた。なんとかサンドロの復帰まで持ち堪えて欲しい所だ。

 

 

④中断からの一足早い再開

これが地味に大きいと思っていて、ユヴェントスはコッパイタリアで他のチームに先駆けて2試合を消化した。他リーグでも再開後は、試合開始直後の早いタイミングでのゴールが目立っているのが印象的で(ミラン戦でも開始直後ビッグチャンスを迎えている)、試合勘の欠如がその要因の一つと考えられる。

前代未聞の中断に依る影響は計り知れないだろう。コッパに残った4クラブは5枠の交代の使い方や週二ペースのリカバリー具合など、シミレーションを先に済ませられた点は小さくないアドバンテージと考える。

 

⑤週2ペースの超過密日程

これから誰も経験した事のない、8月頭までに残り10試合近くこなすハードスケジュールが待ち受けている。スクデットを争うラツィオはロティート会長もインタビューで過密日程について難しさを認めており、記事内では「中断前の週二ペースの難しさからヨーロッパリーグを犠牲にした」とも発言していた。

過密日程はユヴェントスに直接有利というより、ライバルチームにとってデメリットが大きいように思える。

 

 

いかがだろう。コッパイタリアの敗退といつまで構築されない組織に不安を抱く方も多いだろう。しかし、前代未聞の90日近い中断による悪影響は他のクラブも同じである。

中断前のユヴェントスはリヨンに敗れたものの新戦力も徐々に力を発揮しつつ、ベンタンクールがいよいよ一皮向けようとしたり決してネガティブな話題だけが先行していたわけではない。現に中断直前の難しいイタリアデルビーは素晴らしい出来で勝利した。

再開されるセリエAに向けて少しでもいいイメージを持っていただけたら幸いだ。

 

(了)

 


【ライター紹介】

Twitternote)※今回はkassiさんのnoteの記事を転載させて頂きました。