ユベントス、コッパ決勝に向けて2選手を入れ替えか!

 

なんかさぁ、こうやって試合に向けた記事を書けるのは本当に幸せを感じます。この3ヶ月における編集長的なヘッドラインと言えば、「Covid-19に関するネガティブな話題」か「現実味の薄い移籍話」か、「嫁に‘’あんた、家にいても本当に何もしないし楽でいいよね‘’と言う皮肉を頂くか」くらいだったので、例え会社から『自宅待機』を命じられても決して楽しい感じではなかったのですが、こうやって試合に関するニュースを目にすると、少しずつ日常が帰ってきた実感が出てきて嬉しくなりますね。ちなみに嫁からのdisりだけば日常として残っておりますが…。

 

と言う事で、コッパ決勝に向けたニュースがちらほらと。

(Tuttomercatoweb)

コッパイタリア決勝に向けて、ユベントスはスタメン2選手を入れ替えてくるだろう。ピャニッチとドウグラス・コスタがベンチスタートとなり、代わりにケディラとクアドラードがスターターとして名を連ねる事になる。

 

そうね、「異論なし」て所でしょうかね。ただ、これは単純に選手のコンディションや能力にフォーカスしただけではなく、対戦するナポリの事を鑑みた上で。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

今シーズン、『ミスター・中間管理職』とも言われる(言われてる?)アンチェロッティを12月に解任して、ガットゥーゾを迎えたナポリ。それまではラウレンティスの命じる合宿問題などでワカパイ状態(=揺れに揺れている状態)だったナポリでしたが、新監督はまずは守備のテコ入れに着手する事で、チームの再建に成功。国内リーグでは順位も6位と、なんとかヨーロッパカップ出場圏内に留まっております。

そしてコッパ決勝進出を賭けたインテルとの一戦においてもそのスタイルは変わる事なく、試合開始直後の2分に先制されるもその後は追加点を許さず。前半41分にGKオスピナから始まった高速カウンターで同点に追い付くと、そのまま硬い守備で追加点を許さず2試合計2-1でインテルを破り、決勝進出を果たしました。

 

 

まぁ、手強いですよ。

インテルの方が攻撃力はあるし、頭部に違和感を覚える監督もいて、更には冬の大型補強が良い方向に転ぶ可能性も高く、一般的に考えれば『ナポリタンの方が組み易し』て感じなんでしょうが、あの「組織&気合と根性がマッチしたディフェンス」は驚異以外の何物でもなくて、それゆえに守備と運動量に不安を抱えるイチさんがベンチスタートとなるのは致し方なし。ナス大、主任、松っちゃんの3人でしっかり中盤でしっかりブロックを作り、まずはナポリのカウンターに備える事が先決だと考えます。

 

そしてコスタるんについては2つの見方があって、まずはミラン戦の出来が良くなかった為に、単にクアドラードを起用するという事。そしてもうひとつは切り札としてベンチに残しておく事で、双方とも理由としてはあり得ると思います。ポルちゃんが決勝も欠場するようなんで、キーちゃんがセンターやるのか、それともキュンがスライドするのか分かりませんが、少なくともミラン戦での並び(左からコスタるん、キー、キュン)の並びでは機能していなかったのは確か。そうであば、目先を変える上でも選手の入れ替えは当然ですし、先ほどもお伝えした通りナポリタンのカウンターに対する為にも、『攻守の切り替え』がこの試合の大きなポイントになる事は明らかです。であれば、今シーズンはサイドバックとしても成長を遂げたクアマンを起用さる事は、理に適ってると言えるでしょう。

 

 

クアマンが前線で起用される事により、「右サイドバックは誰にする論争」が出てきてもおかしくありませんが、まだその話題が出て来ないのは時期尚早なのか、それともミラン戦で好調だったオジーロで確定なのか、はたまた背番号2は幻だったのか。いずれにしても交代枠5を与えられるレギュレーションなので、笑顔が素敵な彼氏のことも、皆さん忘れないで頂きたいと願うばかりです。

 

て事で早速コッパ決勝を迎えて忙しい日々が続きますが、見る方としても体調管理と嫁からの皮肉・当て付けに気を付けながら、今シーズンを走り切りましょう!

 

 

Forza Juve!

 

笑顔がキラーン!

 


【最新のユベ議室お題😎】