【ひと事で表現するならこの言葉しかない】2019-20コッパ・イタリア準決勝 2ndレグ ミラン戦 マッチレビュー

ユベントス 0-0 ミラン

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

ついに戻ってきたら俺たちのユベントス。

 

その96日振りに迎えるのはコッパイタリア準決勝2ndレグのミラン戦。

 

1stレグを1対1で終え、『アウェイゴール1』を持ち帰っての一戦となり「最悪0対0のスコアレスでも決勝進出」と言う条件の中、「最悪0対0のスコアレス」できちんと終えるのがユベントス。えぇ、早々にミランが退場者を出したにも関わらず0対0です。確かに相手が10人になった中での試合(しかもミランがビハインドなので、一か八かの攻勢に出て来る可能性はあった)になったので難しいのは承知ですが、それでもスコアレスで帳尻を合わせて来る辺りに、俺たちの日常が戻って来たことを実感させてくれました。

 

 

注目されたスタメンに関して、まずアンカーに入ったのはイチさん(上記の画像だと主任がアンカーで右インサイドハーフにイチさんですが、実際には逆でした)。序盤はミランのボナベントゥーラがタイトについていたのもありますが、試合を通じてボールタッチ数が少なかったですね。その理由がコンディションなのかモチベーションなのか、攻撃のほとんどがイチさんを経由していなかった事が気になります。まぁ「それを予想してサイドに散らす約束事だった」と言う見方もできるけど、それならイチさんである必要がなくなる訳だし。

そして前線3枚は予想された3人だったものの、並びが違いました。左からコスタるん、真ん中にキーちゃん、そして左にキュンの配置になったのですが、これは今シーズン幾度となく言っている通り、やはり「ノーポーク」になると『中央に起点が出来なくてどうしても相手センターバック前でちょこちょことボールを繋いでサイドに散らし、そこから中に入れても弾かれる』ってパターンが多くなり、怖さが無くなります。誰かがロマニョーリを背負ってポストプレーしたシーンとか記憶にないですからね。まぁ今後は4-3-1-2を試したり、ナス大を本職のセンターフォワードに戻したりするんでしょうけど、これから迎える過密日程の中で無理させる事は禁物ではあるものの、その中でも早めにポークがメニューに戻って攻撃が『肉汁ジュワー』ってなる事を期待したいと思います。

 

 

「失点しなければいい」と言う条件で臨んだこの試合で、注目していたディフェンスラインの連携や各々のコンディションに関しては、ほぼ問題なかったと言えるでしょう。センターバックのポヌッチとフトシについては、ポヌッチがキャプテンマークを巻いた事以外は完璧と言えましたし、両サイドバックに入ったドンキー&オジーロも安定感抜群。特に不安が残っていたオジーロについては、その顔同様にプレーにも派手さはなかったものの自身の良さであるソツないプレーを見せて攻守に渡り貢献。また、レビッチが退場になった場面においては、主審のオルサートさんも「おじいちゃんにそんなキックしたらダメでしょ!」って言う主観的な判断もあったのかもしれません。

 

 

 

んな訳あるかいっ!

 

 

このツッコミも久し振りに使ったなぁ…。

 

 

 

あと最後に少しだけ触れておきますと、新レギュレーションの‘’1試合に5人まで交代可能‘’をどうやって使っていくのか、って所にも注目していたのですが、この試合では計2回で4選手の交代を掛けました。今回は62分に「ラビ彦、ゴロちゃん、ナス大」がタッチラインに並び、『2枚+1本の一気替え』を行った訳ですが、今後はこの辺の交代策と同時に、交代で入って来た選手がどれだけ試合にスムーズに入れるかがポイントになるように感じました。

今回で言えばゴロちゃんが少し‘’らしさ‘’を見せようとしていましたが、チーム全体としては2人+1本同時投入で少しバランスを崩した印象が残りましたし、ナス大とラビ彦については本当に「良しも悪しもこなしただけ」になっていたので、もう少しコンディションを上げて違いを見せて欲しい所です。まぁ夜の時間帯だったので、ナス大は光合成が足りなかったのかもしれませんし、ラビ彦についてはこれまではラビパイの時間だったのかもしれませ。いずれにしても早々に試合モードに戻る事を期待します。

 

 

まぁ、キーちゃんがフリーキックをキュンに蹴られて『壁ドン』できず、ナス大がスタメンから外れて『ナスドン』できなかった事で、PKを『ポスドン』しちゃった分けですが、それについては「人間だもの」って事で目をつぶりたいと思います。きっとキーちゃんの事だから、悔しくて悔しくて悔しくて悔しくて超絶悔しくて仕方ないはずなので、決勝では500点くらい取って面目躍如となる事でしょう。

 

 

とにかく今日の試合をひと言で表現するならば

 

 

 

カルチョ最高!

 

 

 

ユーべ最高!

 

 

 

って事で間違いないと思います(ふた事になっちゃった)。

 

 

 

さぁ次は決勝戦。タイトル獲るぜーーー!

 

 

Forza Juve!

 

【PR】(各サイズ用意あり) ユベントス ホーム・特別価格/ラストチャンス


【メンバーからのコメントも寄せられているので、興味があれば是非覗いて下さい😎】