移籍が噂されるピャニッチ、しかしPSGからのオファーは本人が拒否!

 

ちょっとショックな部分もありますが、まずはFabrizio Romanoのコメントをご紹介しておきます。

PSGはパレデスを絡めてピャニッチ の獲得を望んでいるが、ボスニア代表ミッドフィルダーはそれを拒んだ。本人の希望は『バルセロナ』である。

 

そっか…

 

イチさん…

 

あんたも…

 

 

バルセロナなんかい…。

 

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

(PR)【送料無料】 adidas  ユベントス ホームレプリカユニフォーム ブラック/ホワイト 

 

まぁ、分かりません。

これまでもアルトゥールとのトレード話が出ていた中で、編集長が知り得る中にはイチさんが『バルセロナに移籍したい』と言うシグナルを発信していたとは感じませんでしたし、もしかしたらRomanoさんの予想と言うか思い込みかもしれません。

 

えぇ、恋も移籍情報も注意すべきは「思い込み」であります。

 

 

そんで今回は少し目先を変えて、このところ名前が挙がっているパレデスについて触れさせて頂きます。

モチのロン、編集長もよく知らん選手であり、Wiki太郎さんやYouTube子さんのお力を借りたものになりますので、予め巨人の小林選手の打率くらいの信憑性だと思って、お読み下さい。

  • 名前:レアンドロ・パレデス
  • 生年月日:1994年6月29日(25歳)
  • 所属:PSG
  • 国籍:アルゼンチン
  • ポジション:ミッドフィルダー
  • 主な経歴:ローマ→エンポリ→ゼニト→PSG

 

何気にセリエAでのプレー経験あり。詳しい情報は載ってなかったのですが、「エンポリ、ゼニトあたりで頭角を現してきて、昨シーズンの冬のマーケットで4700万ユーロの移籍金を支払ってPSGが獲得」て感じです。ただ、移籍後1年半で交換要員に名前が挙がるって、「やっぱりプロの世界は厳しいんだな」て感じます。そう言えば、今冬にもナスJの交換要員として名前が出ていた気もするし。

チュブ子さんでハイライト見た程度だから何とも言えないけど、このパレデスって言う選手はボランチの選手ながら南米の選手らしく足元の技術もあるし、そんで前への推進力もあってなかなかナイスな選手と言う印象。

今シーズンはあまりチャンスを与えてもらってないみたいだけど、昨シーズン加入後はレギュラーの一角としてプレーしてる感じで、編集長的には『悪くなんじゃね?』とも思います。そして調べていく中でひとつ気になった事があって、それはtransfermarktの試算によるとパレデスの市場価格が2200万ユーロと言う事。1年半前に4400万ユーロで獲得した選手を、PSGが半額で放出するとは思えないんだけど、それでもイチさんをざっくり5000万ユーロと見積もったとして、パレデス+3000万ユーロでの取り引きとなれば、主任のバックアッパーのポジションを埋めながら、残った3000万ユーロ近いお金でサイドバックも補強出来る、なんて考えていました。

 

 

いやこれもはっきり言っちゃうと完全に取らぬ狸の皮算用であり、改めて「恋と移籍話は盲目になっちゃダメだよね」て思いましたね。反省反省。

 

とにかくイチさんの周辺は引き続き騒がしくなりそうだけど、もし必要以上に外野が騒ぐようになったら、またポルちゃんが周囲の目をイチさんから逸らす為に、練習中にスタッフにキックかますなどして話題を提供してくれると思います。

て優香、何気に『パレデス+金銭』て良い案だと思うんだけど、みんな的には「パレデスって誰です?」て感じなのかな。

 

(PR)【送料無料】WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2020年 6/4号 [雑誌] 


【カルチョが始まれば、みんなでワイワイやりましょー😎】