ジョルジーニョ代理人:「ユベントスからコンタクトはない」

 

『ピャニッチ が移籍した際に穴を埋める有力候補』と言われるジョルジーニョに関して、代理人であるジョアン・サントスがRadio kiss kissで触れたようです。

ユベントスは世界のトップクラブのひとつであり、サッカー選手であればユベントスでプレーしたいと思いだろう。

ユベントスSDのパラティーチからは何も聞いていないし、電話すら掛かって来ていない。それに、ジョルジーニョはチェルシーとの契約をまだ3年残している。

そしてジョルジーニョがユベントスから関心を持たれている事は、新聞やニュースで目にする程度に過ぎない。

現時点ではジョルジーニョがユベントスに移籍する可能性を言及できる状態ではない。ただ、一つ言える事は「ユベントスは世界のトップクラブのひとつである」、ただそれだけだ。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

「電話はない」て言っても、LINEはあったかもだよね。もしくは伝書鳩。知らんけど。

 

まー、何にしてもユベントスが噂に挙がっているイチさんを放出する事になれば、そこで手にしたお金で後釜を探す事は間違いないでしょうし、もしそうならなければ来シーズンはドンキーに続いて主任までもが、トリノ労働局に駆け込む事になるでしょうな。オー人事、オー人事。

 

 

そして『after イチさん』には数多くの一流選手の名前が挙がっているものの、編集長的にはその中でもイチオシはジョルジーニョ。やっぱり山ちゃんとの付き合いも長くてすぐにチームに馴染むだろうし、そしてその実力は折り紙付きの『完成品』。唯一の懸念点は28歳と言う年齢ですが、それでも「あと数シーズンはトップフォームで活躍する事は保証されている」と言っても過言ではないでしょう。おまけで話題に挙げますと、『永遠の未完成品』とも言えるユッティも27歳になりますが、いつになったらトップフォームで活躍するのか、小8時間半くらい本人に問い詰めたい気分です。

ナポリにいたので知ってる方も多いと思いますが、ジョルジーニョはイチさんに比べるともう少しバランサータイプであり、可動域が広い選手。これは完全にイメージになりますが、例えばスリーボランチの左サイドに主任を、右サイドにカジさんを置けば、カジさんが前掛かりなポジションを取る中で、主任とジョルジーニョふたりでバランスを取りながらも、どちらかが前に出ていく事で攻撃に厚みをもたらす事ができるのではないかと考えます。

 

 

確かに将来性を鑑みるとブレシアのリンタローも魅力ではあるものの、「すぐにでもCLを獲りたい」と言うのであれば、個人的には「ジョルジーニョ一択」。プレミアも経験して、更には昨シーズンは相手チームからのマンマークも喰らって対応力が増してるだろうし、重ねてになるけど‘’もし‘’イチさん放出となれば、ジョルジーニョの獲得にチャレンジして、早々に「獲得宣言」でも出して欲しいと思います。

 

獲得宣言

(作詞:編集長ミツ/作曲:さだまさし)

おまえをユーべにもらう前に

言っておきたいことがある

かなりきびしい話もするが

ユーべのルールを聴いておけ

フリーキックを蹴ってはいけない

PKももちろん蹴ってはいけない

ゲームは上手く作れ

パスを送り続けろ

出来る範囲で構わないから

忘れてくれるな

チームの主役がいる事を

サイドを切り裂く

エースがいるって事を

お前にはお前にしか

できない事があるから

それ以外は口出しせずに

黙ってパスを出し続けろ

 

 


【本日(5/23)21時~開催しまーす😎<無料>】