パウロ・ディバラ、Covid-19を克服。検査の結果が陰性に!

 

俺たちのキュンがついに復活です。

 

3月21日に新型コロナウィルス陽性反応が検出されたキュン。同じタイミングで揉太郎、松っちゃんにも感染が確認されており、ユベントスでの感染者は合計3選手に。その後、揉と松がリカバリーをしていく中、キュンだけに陽性反応が続き、ファンからも心配の声が挙がっておりました。しかし、5月6日の検査でついに陰性が確認され、俺たちのキュン、いやむしろ俺のキュンが戻ってくる事が公式から発表されております。

 

 

(グランドに忍び込んでドリブル練習をする知らないおじさん。発見後、警備員に首根っこを掴まれて、ミラノに強制送還させられました)

 

昨日もお伝えした通り、コンティナッサにも選手が戻って来ており(まだ個別練習だけど)、他の国でも例えばブンデスリーガは今月半ばからリーグ戦再開の動きが出ていたり、レアルでは選手のメディカルチェックを行ったり、プレミアリーグ全体でも中立地での開催の話も挙がったりしている状況。更にはフィンランド、トルコ、セルビアの各国リーグにおいては、再開に向けてより具体的な話し合いが行われていると耳にしております。

とは言えまだハッキリした事は言えず、そして感情だけで『カルチョが見たい』『ユベントスが見たい』『でも、ポヌッチのあのクルクルパフォーマンスだけはどうしても見たくない』と口に出来る状況ではない事を理解していますが、それでも様々な可能性を諦めずに準備を進めている話を耳にすると、僅かながらも希望の光が見えてくるような気になります。

 

 

兎にも角にもユベントスにおいては、これで感染選手はゼロとなり、恐らく国外から帰ってくる選手たちの2週間の隔離期間が終える今月末には、現在の「個別練習」からまた違う動きが出てくるのではないかと予想します。

何にしてもキュンが快復した事は、日本ディバリスタ協会の会長としても嬉しい限りですし、これで夜もぐっすり眠れると事でしょう。(この1ヶ月半は、キュンが心配でほぼ眠れず…)。

 

まぁあとはあいつですな、アルゼンチンに戻っているポークちゃん。「ポークちゃんが脂身たっぷりになって戻って来るんじゃないか」、それだけが心配でなりませんが多分そうなるでしょうから、この件に関してはむしろ‘’心配するだけブタ‘’、じゃなくて‘’心配するだけ無駄‘’だと思うので、夜もぐっすりお休みさせて頂こうと思います。

 

絶対に太って帰ってきてくれるって、信じてるから。

 


【最新のユベ議室お題😎】