ユベントス、ポグバ獲得に失敗すればファン・デ・ベークへ!

 

そう言う事だそうです。

 

で終わりにもできないので補足させて頂きます。Calciomercato.comによると「ユベントスはポール・ポグバ獲得に失敗した際、アヤックスのファン・デ・ベーク獲得に動くだろう」と伝えられています。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

あのーーー

 

普通に「ポグバじゃなくて、ファン・デ・ベークでいいんじゃね?」って思っちゃうんですが、それは口にしない方がいいでしょうか…?

 

 

 

って口にしちゃったので、先ずはファン・デ・ベークって言う青年がどんな選手かを紹介させて頂きます。

  • 名前:ファン・デ・ベーク
  • 生年月日:1997年4月18日 (年齢 23歳)
  • 国籍:名前からしてもオランダ
  • 所属:アヤックス
  • ポジション:オフェンシブハーフ
  • 経歴:アヤックスユース→アヤックス

 

記憶に新しい方も多いと思いますが、昨シーズンのチャンピオンズリーグのベスト8で対戦した際、2ndレグで同点ゴールを決めたのがファン・デ・ベークです。アヤックスにちんちんにされた試合でしたが、トップ下で攻撃になっていたのがファン・デ・ベークですね。ちなみにあのゴールは右サイドにゴロラーマンが残っていた為にオフサイドを取り損ねた事はハイライトで見直しても確認済ではあるものの、でも今更その辺を突っ込んでも女々しいので、最終的には「センターバックでコンビを組んでいたポヌッチ&揉太郎の責任」ってところで落としておこうと思います。

 

そんでファン・デ・ベークの話に戻りますと、ポジションは「オフェンシブなミッドフィルダー」でアヤックスではトップ下を任される存在。2018-19シーズンは57試合で17ゴール・13アシスト、2019-20シーズンも37試合で10ゴール・11アシストと、その攻撃センスを遺憾なく発揮しております。

 

 

個人的に一番評価しているのは、アヤックスユース上がりを証明するような基礎スキルの高さ。先ほどお伝えした通り数多く得点に絡んでいる選手ではありますが、「圧倒的な攻撃センスでブイブイ言わせてる」てよりは、「ひとつひとつのプレーが正確で、ボールをゴールに丁寧に運んでいる」と言うイメージ。それでいて守備意識も高く運動量が多い。冒頭に「ポグバ <ファン・デ・べーク」と言う趣旨の事を書きましたが、それは決してポグバを否定しているのではなく、今のユベントスにとってはファン・デ・ベークの方がフィットするだろうし、更に言えば「ユベントスらしい選手」だと感じたからに過ぎません。

特にキーちゃんやキュンと言った「主役」が揃うチームにおいて必要なのは「お膳立てできる選手」であり、まさにそれを体現できるプレーヤーだと言って間違いないでしょう。

 

 

まぁ、それにしてもフトシといいバルサに行ったデヨングと言い、本当にアヤックスは昔からナイスな選手を輩出しますね。ひと昔前はダヴィッツやファン・デルサールがいて、そして今はフトシ。少し時間が空いてしまいましたが、またアヤックスとのパイプが太くなり、よい選手が獲得できるといいですよね。

 

 

 

 

 

大丈夫、忘れてないから。

 

 

 

 

ユベントスではパッとしなかったけど、月ユベでは一時代を築いたグリゲラ(上)とポウルセン(下)。

 


【最新のユベ議室のお題】