【無観客のアドバンテージを活かせ!】2019-20シーズン第26節 vs インテル戦 プレビュー

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

新型コロナウィルスの影響により、1週間延期されて迎えたインテルとのイタリアダービー。

言うなれば「待ちに待った」と言う事で『マッチでーーーす@近藤真彦』であり、言うなれば「ずっと待っていた」と言う事で『わたし待つわ いつまでも待つわ 例えあなたが振り向いてくれないくても@あみん』であり、言うなれば「お久し振り」と言う事で『お久ブリーフ!@ダンディ坂野』であり、とにかく長い長い2週間を終えて、俺たちのユベントスならびに編集長のオヤジギャグが帰って参りました!

 

 

 

と冗談はこの辺にしておいて、ちょっとどこで目にしたかは忘れましたが、ユベントスの選手たちが「‘’無観客に慣れる為に‘’アリアンツを訪れている」って言う記事を見て、非常に興味深かったです。と言うのも、ユベントスに限らずサッカー選手たちは「ホーム」「アウェイ」に慣れてはいますが「無観客」で試合をする経験はほとんど無く、それはすなわちリヨンにとっても同じことが言えるのではないかと。

そう言う超絶ポジティブな目で見れば、この大一番を「無観客」で迎える事ができるのは経験となり、少なからずプラス要素になるし、リヨン撃破の後押しになるんじゃないかとも感じます。

あとは例えばリヨンの選手たちを試合前、一切アリアンツの地を踏ませなければ更に無観客状態でのアドバンテージを得る事ができると思うのですが、CLでは通常チームが遠征した際にはまずはスーツ姿でアウェイのスタジアムを訪れるのが慣例。これを食い止める事はどう考えても「難しい」としか言えず、編集長も頭を悩ませたものの、最終的には「今日はコンサートがあるから」とか適当な事を言って断っちゃえばいいんじゃないかな、って思いました。たぶんアリアンツはコンサート利用とかしていないと思うんですが、山ちゃんが右手にワンカップ大関持ちながら、「だーかーらー、ダメなもんはダメなんじゃからー。ヒック(しゃっくりの音)」って大声出せば大丈夫だと信じています。うん、押し切ろう。

 

アーティスト名を訪ねられたら「ムーディ勝山(Moody Katsuyama)」って答えればいいと思います。ちなみに調べたら「Moody」って「不機嫌な」って言う意味でした。だから無表情キャラだったんですかね。知らんけど。

 

 

前日会見がないんで、YouTubeでインタビューを受けていたワンカップ・山下監督。

 

<スタメン予想/4-3-3>

GK:コブタン
DF:オジーロ、フトシ、ポヌッチ、ドンキー
MF:主任、アゴイチ、松ちゃん
FW:クアマン、キュン、キーちゃん

 

大前提として「リヨン戦を見据えて」になると思っており、そして怪我人がアバラル君以外はいないチーム状態(ナス大とコスタるんはフルは難しいみたいだけど)。その中での選出となるので、非常に興味深いですね。

守備陣ではまずは注目されたセンターバック。ロボのスタメンも噂されましたが、手堅くフトシ&ポヌッチを起用するであろうと予想(直近で内転筋を痛めた???@r4lx_j1897)。中盤はやはりアンカーにアゴイチで、両サイドに主任と松ちゃん。この試合でアゴイチを使うのであればリヨン戦もそのままで行くと思いますし、編集長的には反対はしません。後はそこに主任がどれだけ絡めるかがポイント(松ちゃんについては温かく見守る方向で)。前線3枚は3試合連続でクアマン・キュン、キーちゃんの並びに。カジさんとは良い連携を見せているクアマンですが、こと主任となると「単独突破」が目立つので、そこにキュンなりアゴイチがどこまで絡めるか。まぁ、絡みが無ければ宇宙開発クロスをバンスカ入れて来ると思うので、あとはキーちゃん頼りになりますが。

 

 

最初にお伝えした通り「無観客」をポジティブな要素に変える事が重要であり、そしてオマケ程度ではありますが、ベンチからどんな声が飛んでいるかも耳にできると思います。山ちゃんの呂律が回らなくなってきたら、隠れて一杯飲んでいる証拠なので注意が必要です。

 

つーか、久し振りの試合が楽しみで仕方ないぜい!

 

そして勝ってリヨン戦に向けて弾み付けるぜい!

 

 

Forza Juve!

 


リヨン戦が楽しみ過ぎて、こんな事もやってまーす。