桐生第一の「若月 大和」にユベントス移籍の噂。その真相は?

ヤフーニュース(元記事はGoal.com)を始め幾つかのメディアが、「桐生第一高校に所属する、若月大和にユベントス移籍の可能性がある」と報じておりますが、要約するとこんな感じです。

若月はベルマーレ入団が内定しているが、開幕を前に『海外移籍に向けて交渉中』である事をチームが発表(→公式サイトからの案内)。

その異例のアナウンスに関して、各メディアが『昨年そのようなニュースが、Calciomelcato.comから流れた』と説明。

 

 

そして該当のCalciomelcato.comの記事がこちらなのですが、下記の通り英文を訳してみました。

ユベントスのフロント陣は将来を見据えて、広範囲に渡りスカウティングを続けている。
そして、(スペインの)fichajes.comによると、ビアンコネリは17歳の日本人ストライカー『ワカツキ ヤマト』にも注目しているようだ。しかしこの話は現時点では、イタリア国内で確認されていない。

 

このニュースがCalciomelcato.comで取り上げられたのは2019年10月29日で、若月が『FIFA U-17 ワールドカップ』でオランダ代表相手に2得点を挙げた(10月27日)直後の話。少しばかり若月の名前が賑わった所で、欧州では‘’小さなニュース‘’として取り上げられたに過ぎません(知らんけど小さかったはず)。

そして、記事の最後には『現時点では、イタリア国内でこのニュースは確認されていない』と書かれているにも関わらず、この部分に触れている日本メディアはほぼ皆無(どこかで触れてるかもしれんけど)。もう『飛ばし』て言うか、『煽り』て言うか、なんちゅーか本中華、同じ日本人が紹介する記事として、少しばかり悲しくなってきました。

 

もうね、飛ばすなら飛ばすで、こんな中途半端な飛ばし方じゃなくて、「キーちゃんがサンプドリア戦で決めたヘディングシュートくらい、跳びまくってくれよ!(推定2.56メートル)」て思いますし、こんな記事だったら「ポルちゃんの垂直跳びレベルだわっ!(確定2.56センチ)」て怒りすら湧いて来ます。

 

まぁ、編集長もユベントス日本語公式風味を運営する1メディアとして…

 

・書くなら徹底的に書く、書かないなら徹底的に書かない。

 

・決めるなら徹底的に決める(キーちゃん)、決めないなら徹底的に決めない(ポルちゃん)。

 

・倒すなら徹底的に倒す(あばらる君)、倒さないなら徹底的に倒さない(揉太郎)。

 

 

てくらいのスタンスで、少なくともユベントス関連の記事には触れて欲しいと思いますね。

 

 

 

と言う事で、突然ですが最後に月ユベ川柳を一句。

 

 

決めぬなら

 

決めるまで待とう

 

イグアイン

 

 

編集長 心の俳句

 

 

「オイラは決めちゃうよ~」なポルちゃん選手



メールアドレス