【急展開!!!】ポグバはインテルへ?

引き続き『ユベントスの獲得リストに名前が挙がっている』と言われる、マンチェスター・ユナイテッドのポグバですが、イギリスのMirror紙が「ポグバ獲得に向けて、ポールポジションに立っているのはインテル」と伝えております。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

今シーズン、スタートダッシュに失敗し、一時期は『スールシャール解任』の話も挙がったユナイテッドですが、その後はチームを立て直し、21試合を終えて勝ち点31の5位。ポグバが足首の故障によりチームを離れている中、チャンピオンズリーグ出場権が見える所まで巻き返して来ました。

そのユナイテッドがポグバを単に放出する訳はなく、引き換えに狙うのは‘’ラウタロ・マルティネス‘’。このアルゼンチン人ストライカーを取り引きに織り交ぜる事で、アタッカーの補強を図ると記事は続いています。

 

そして、なぜ今回この記事を取り上げたかと言うと、『間接的にユベントスに影響が出るのではないか』と予測したからであり、このポグバ獲得の噂が実現すればインテルはエリクセンから手を引くでしょうし、それこそ未だに『Pogback』の見出しが紙面を賑わせている中で(実際には知らないけど賑わせているはずに違いない)、ユベントスがポグバへの線を断ち切り、エリクセンやエリクセンやエリクセンなど、他の選手へ本腰を入れるのではないかと考えたからです。

(「ポグバ→インテル、エリクセン→ユーベ」で決めちゃえばいいじゃない!)

 

まぁぶっちゃけ飛ばしの匂いがプンプンしますが、とは言っても『火のない所に煙は立たない』のがフットボールであり、『何が起こってもおかしく無い』のがカルチョの世界であり、更に言えば『根毛のないところに毛は生えない』を覆したのはコンテであり、これらの記事が明日には信憑性を持つ事も十分に考えられます。

今後も、ポグバを取り巻く環境と、コンテの頭髪に注目したいと思います。