【世界のユベンティーニよコンニチワ】2019-20 スーペル・コッパ・イタリアーナ ラツィオ戦 採点

2019-20 スーペル・コッパ・イタリアーナ ラツィオ戦 採点

シーズン前のアジア遠征の時も感じたけど、こう言うファンの画像を見ると「俺たちユベンティーニは世界のどこかで繋がってるんだなー」って思って心強くなるよね。

 

(※編集部より)もし、画像の中にこの遠征に帯同していないはずの選手の顔が見えたとしたら、それはあなたの心がそれを求めているからだと思います。恥じる必要は一切ありません。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

コブタン 3.0

失点はほとんど「ノーチャンス」であり、逆に試合終了間際にラツィオの選手(名前忘れた)と1対1になったシーンはよくセーブヒブヒングした。からのー、その後のフリーキックをあっさり決められた所に、コブタンらしさを感じて濡れそうになりました。

 

ユッティ 2.5

各所で酷評されているユッティですが、編集長的には「平常運転」、いや「むしろ今までが頑張り過ぎ」だと感じています。加えて「左サイドバックの方が安定するんじゃないか」と言う声も挙がっておりますが、ユッティの本職は「センターバック風味」だと言う事をくれぐれもお忘れなく。

 

アバラル君 3.0

ボランチとセンターバックの間に入れられた楔のパスに対して、対人でガチンコ行かないまでも少し前に出てプレッシャーを与え、牽制する事でラツィオの攻撃を遅らせた。そのシーンを見て「本能的に動いているように見せて、何気に考えて動いてるんだなぁ」って感心しました。まぁ、直感的に動いてるだけだろうけど。

 

ポヌッチ 3.0

2失点目はポヌッチのフリックが原因です。恐らく髪型が坊主だった為に「ツルっ」と行ってしまったんだと思うので、罰として次節までに長髪にしてくるように。

 

ちなみに「ポヌ太郎も若い頃は坊主じゃなかっただろう」と思って色々と調べてみた所、1枚だけ坊主じゃないものが見つかりました。

 

 

 

どっちに転んでも生意気なんで、このまま坊主にしておきましょう。

 

 

ドンキー 2.5

この日は攻守において精彩を欠くプレーが目立った。オジーロと組んだ「取り立てブラザーズ」が裏目に出たか。

 

主任 3.5

最後の最後に福神漬けをトッピングして退店する事になったが、この試合で一番戦えていた選手である事は間違いない。そして気が付けば今シーズンは19試合でカレー8杯(うち2杯は同日完食で福神漬けトッピング成功)と、いいペースになってきております。

 

アゴイチ 2.5

やはりこう言った速い展開になると、少し存在感が薄くなっちゃうのよね。元々運動量が豊富なタイプじゃないから、なかなか付いていけなくなるってのが原因なんだけど、そうであれば横に運動量のある試合を作れるタイプのミッドフィルダーを置いておくのも手だと思うんだけどねぇ。スパーズ方面にひとり浮きそうな選手がいるんだけどねぇ。

 

松ちゃん 2.5

次の試合で頑張れ!

 

キュン 3.0

上下運動を繰り返してボールに触る機会は多く見えたが、決して「中継」していた訳ではなく、自身のポジショニングではボールに触れる事ができないから、低い位置まで下がってきているようにも見えた。このところスーペルな活躍を見せていただけにこの試合でも期待したが、最近濡れまくって風邪を引いたQGもいると聞いたので、ちょうど良い休暇になったかもしれません。

 

キーちゃん 2.5

キーちゃんって言う人は、ちょっと試合展開が停滞すると球離れが悪くなる癖があって、この試合でもサンプドリア戦に比べると持ち過ぎのきらいはあったね。まぁ、ミキプルーンでぷるぷるんして、身も心も休んで新年を迎えて下さい。

 

ポルちゃん 2.5

お父さん、シーズン開幕前に「飛べないポルちゃんはただのブタ」って伝えたはずだぞ

 

 

クアマン 3.0

危うく「ずさーーー&一発レッド吉田ーーー」って感じの際どいシーンもあったけど、さすがに勉強してズサらなかったのは評価に値。あとはよーわからん。

 

ラム兄 3.0

良く分からないから採点3.0でいいや。

 

コスタるん 2.5

コスタるんも口ヒゲが伸びて来たんで、「取り立てブラザーズ」に入る可能性が出てきました。つーか、三人ともブラジル人だな。

 

山ちゃん CMCM

通常であれば『山ちゃんのビーチク』に関して言及するコーナーなのですが、予め「サウジアラビアでビーチクの話はチョメチョメだぜ」と釘を刺されてしまったので、今回は見送る事になりました。