ユベントスはデ・シリオとムニエの交換トレードを拒否

ユベントスはデ・シリオとムニエの交換トレードを拒否

兼ねてから『PSG側から提案されている』と噂されていた、‘’デ・シリオとムニエの交換トレード‘’に関して、「ユベントス側が正式に断りを入れた」と、France Football紙が伝えております。

 

 

PSGは今シーズン開幕前からデ・シリオに興味を持っていると言われており、シーズン開幕後もその気持ちが褪せる事はなく、ユベントスへのアプローチは続いていました。

最終的な提案は単純に『ムニエとの交換トレード』なのか、そこに‘’金銭が付いた‘’のかは分かりませんが、ユベントス並びにサッリが、今シーズンを戦う上で両サイドをこなせるこの『ユーティリティプレーヤー』を手放す事は出来ないと判断した事は、至極当然だと考えています。

 

今シーズンは怪我を負ってしまった事に加え、クアドラードのコンバートの影響もあり、わずか7試合の出場(国内リーグ5試合、CL2試合)に留まっているデ・シリオ。しかし、彼の潜在能力を考えれば『サイドバックのレギュラー』として、サッリの信頼を集めてもおかしくないはずです。

その為に必要となるのは安定したパフォーマンスか、サイドを切り裂く攻撃力か、それとも漲る(みなぎる)熱い闘志か。

今後のデ・シリオの活躍に期待したいと思います。

 

まとめ

うん、ダメっしょ。

 

このゆとりボーイを出したらダメっしょ。

 

確かにムニエもナイス選手である事は間違いなく、ユベントスにしては珍しく大型サイドバック。それでも今シーズンのチーム状況を鑑みた時に、両サイドバックを(そこそこながら)こなせるユッティを放出するなんて、あってはならない選択ですわ。

ちなみにそのゆとりボーイなんですが、今シーズン出場した7試合のうち右サイドは2試合で、左サイドが5試合。残念ながらセンターバックでの出場が(まだ)無いものの、この数字を見てもユッティがいかにユーティリティ性を発揮しているかが分かります。て優香、むしろドンキーのバックアッパーか?

いやー、何にしても器用で、右も左も出来る使い勝手の良い選手である事は間違いないものの、いまいち山ちゃんの信頼を勝ち得てないのは単にプレーの質なのか、それともあの覇気の感じられないゆとり顔が原因なのか。

気が付けばユッティも27歳。ユーロで代表に入る為にも、今年はひと一倍ヤル気を見せて欲しいんだけど、それは無い物ねだりと言うものなんかねー。

 

ちなみに「De Sciglio+Boy」で検索したらこんな画像が出てきました。普段シレっとしてるのに、一応ファンサービスはしとるんだな。って優香、開幕前に編集長がユッティに送ったファンレター、結局返事が来てないわ。。。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版