ユベントス、ディバラとの契約更新に向けて交渉開始か!

ユベントス、ディバラとの契約更新に向けて交渉開始か!

ユベントスはディバラとの契約更新に向けて、交渉がスタートしたようだ。

〜Sky Sport Italia〜

 

現在、チームとディバラの間で結ばれている契約は2022年6月まで。それを2年延長して2024年までとし、更には年俸も「900万ユーロ(net)+ボーナス」の破格の待遇を提示していると言われています。

 

これまでにも各紙から伝えられた通り、ディバラの肖像権に関しては複雑な部分があるものの、今回の契約更新時にはそれもクリアされる見通しと伝えられており、また今回クラブが提示した条件に関しては、ディバラサイドが求めている「年俸1000万ユーロ(net)+ボーナス」とは大きくかけ離れてはおらず、『契約更新に向けてポジティブに動き出している』と報じられています。

 

今シーズン、チームトップの7ゴール(4アシスト)を挙げ、再度チームの主役に躍り出ているパウロ・ディバラ。その輝きが増す前にユベントスは契約更新にたどり着くことが出来るのか。

今後の動向に注目したいと思います。

 

まとめ

なんだかんだ言ってもキュンももう26歳で、今回噂されている2024年までの契約が全うされるならば、その時は『ユベントスのバンディエラ』として、確固たる地位を固めている事でしょうな。

モチのロン、それまでに(スペイン地方を中心に)横槍が入るかもしれないし、それこそ監督交代により立場が一転するかもしれない。ただ、未来は誰にも分からないからこそ、キュンにはいつまでもユーベの10番を背負って欲しいと思っているし、それだけの価値を持っている男だと期待を寄せている。

 

でも、それと同じくらいユッティやゴロちゃん、そしてアゴーニなんかにも‘’イタリアのクラブのイタリア人プレーヤー‘’として、チームを代表する選手に成長して欲しいんだけどなー。

 

難しいかなー。

 

難しいだろうなー。

 

難しくない訳がないもんなー。

 

でも、なんか可愛いな(笑)

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

スポンサーリンク