サッリ監督:『ロナウドにゴールを決めて欲しいと思っていた』

サッリ監督:『ロナウドにゴールを決めて欲しいと思っていた』

アトレティコ・マドリーに勝利を収め、グループDの首位通過を決めたユベントス。その試合に関して、監督のサッリがコメントを残したので、一部を紹介したいと思います。

 


前半は良いサッカーを見せる事が出来たが、一転して後半はボールロストの回数が増え、上手く回らなくなってしまった。それは、アタランタ戦でのハードワークにより、身体が重たくなってしまった事が原因のひとつかもしれない。

 

サッリは続いて選手交代に付いても触れました。

ディバラを交代したのは、チームが中央の攻撃に少し問題を抱えていたからであり、イグアインを投入してそれを解決しようと考えたからだ。

ロナウドを残した理由は、「彼にゴールを決めてもらいたい」と思ったからだ。コンディションについては明日また確認をして、その後のトレーニングメニューを決める事になる。

 

サッリは明確には言葉にしておりませんが、ロナウドがゴールを決める事で‘’現在の不調‘’から抜け出すキッカケを与えたかった事は間違いありません。

そして、これから続く長く険しい戦いの中で『背番号7』の力が必要となる時が訪れ、そこでロナウドが監督の期待に大きく応えるシーンを、今から簡単に思い浮かべる事が出来ます。

このままクリスティアーノ・ロナウドが黙っている訳がありません。逆襲のその瞬間を見逃さないように、引き続きエースの動向に注目しましょう。

 

まとめ

 

山下、やるじゃねーかーーー!!!

 

いやー、ただの飲んだくれかと思っていたんだけど、きちんと人心掌握も出来る監督だとは夢にも思わんかったわ。モチのロン、キーちゃんはこの思いに応えるだろうし、そしてその時は恐らく年明けのCL決勝トーナメントになるでしょう。だからこそ、だからこそ今の時期は『焦らず・慌てず・勝手に帰らず』で行きましょうよ!

 

俺たちは信じている、キーちゃんの復活を。

 

俺たちは待っている、キーちゃんのゴールを。

 

俺たちはここにいる、キーちゃんを応援する為に。

 

 

だから、だからこそ

 

焦らず

 

慌てず

 

 

 

 

ミキプルーン!

 

 

で行きましょうや!

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

スポンサーリンク