ユベントス、『韋駄天』クアドラードとの契約延長を発表!

ユベントス、『韋駄天』クアドラードとの契約延長を発表!

ここ数日話題に挙がっていたクアドラードの契約に関して、ユベントスは現行の2020年6月までのものを、2022年6月までの2年間延長する事を発表しました。

 

所属 出場試合数 ゴール数
ユベントス 137試合 14ゴール
チェルシー 15試合
フィオレンティーナ 26試合 21ゴール
レッチェ 33試合 3ゴール
ウディネーゼ 24試合

コロンビア人ウィンガーは2015-16シーズン開幕前にチェルシーからユベントスに加入すると、主に右ワイドを主戦場として活躍。昨シーズンまでの4年間で14得点28アシストを記録し、チームの国内リーグ優勝に貢献。

また、昨シーズンはアッレグリの下、‘’オプション‘’としてインサイドハーフやサイドバックでも起用されると、その経験を活かして今シーズンは右サイドバックのレギュラー選手としてプレー。年齢を31に重ねたいま、更にプレーの幅を広げております。

ここ2シーズンは怪我に泣かされ、『勝負どころ』でプレーする事が出来なかったクアドラード。今シーズンはサッリ新監督の下、独特のリズムから生まれるドリブル、パス、そしてゴールでチームに勝利をもたらす事が出来るのか。

今後の更なる活躍に大きく期待したいと思います。

 

まとめ

『敵を欺くには味方から』て言葉があるんだけど、クアマンのプレーってまさにその通りで、次に何が起こるか分からない。言い方を変えれば『予測不能』で、凄い難しいシュートを決める事もあれば、凄くイージーなトラップをミスする事もあり、色んな意味で『見ていてワクワクする選手』である。

そしてクアマンの魅力はそれだけじゃなく、そのキャラクターにもあって、彼がいる事でチームがこの上なく明るくなるし、ともすればチームが苦しい時期に差し掛かった時に、あの屈託のない笑顔を見ると、救われた気にもなるのよね。

今シーズンはサイドバックとして新たな道を見つけたクアマン。このコンバートについてクアマン自身がどう考えてるか口にした事がないけど、受け入れているのか、それとも抵抗感があるのか、はたまた『ユッティとオジーロやってやんよ』と思っているのか。ただ、ひとつ言える事は『あなたがいなければ、今シーズンのユベントスはもっと苦戦していたよ』と言う事。

 

そして見たいよね、あのシーンを。見たいよね、優勝を決めて山ちゃんのハゲ頭にスプレー撒き散らすシーンを。なんなら、口にふくんだ日本酒ぶっかけてもオモローなんだけどなー。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版