ユベントス、エムレ・ジャンを1月の移籍市場で放出か!?

ユベントス、エムレ・ジャンを1月の移籍市場で放出か!?

サッリ新監督の下、十分な出場時間を与えられていないエムレ・ジャンに関して、ユベントスは冬に移籍させる方針を固めたようだ。

〜Calciomelcato.com〜

 

今シーズン、チャンピオンズリーグ登録メンバーから外れたエムレ・ジャン。しかし、国内リーグにおいても出場はわずかに‘’4試合‘’と、今シーズンのチームにおいて『期待されている』とは言い難い状態。この状況を鑑みると、冬の移籍市場においてトリノを去る事は、お互いにとってポジティブな決断に繋がるのかもしれません。

出場時間(試合数) セリエA CL
ピャニッチ 870分(11) 357分(4)
ケディラ 615分(11) 261分(4)
マテュイディ 788分(11) 245分(3)
ベンタンクール 512分(9) 153分(4)
ラビオ 331分(7) 115分(2)
エムレ・ジャン 150(4) 登録外

現在、4-3-1-2システムを多用するユベントスですが、その『3』のポジションを争うのはピャニッチ 、ケディラ、マテュディ、ラビオ、ベンタンクール、エムレ・ジャンの6選手。そして開幕前まで『スタメン固定化を好む』と言われた新監督のサッリでしたが、蓋を開いてみれば『新チームが落ち着くまでは、計算できる選手を優先する』と言った采配であり、シーズンが進むに連れてメンバー構成に関しても柔軟な姿勢を見せております。しかし、その状況下においてエムレ・ジャンの出場時間は余りにも短く、それはすなわち『選手への信頼度』にも直結しているのではないかとの、憶測に繋がってもおかしくありません。

そのドイツ代表ミッドフィルダーには、すでにマンチェスター・ユナイテッド、バルセロナ、PSGと言ったビッグクラブが興味を示していると言われ、冬の移籍市場で適当なオファーが届けば、その交渉はすぐにでもまとまる可能性もあるでしょう。

昨シーズンはアッレグリ監督に重宝され、勝利に大きく貢献する活躍を見せたエムレ・ジャンですが、今シーズンは『ユーティリティ性』を見せる事なくチームを去る事になるのか。引き続き選手の動向と共に、サッリの采配にも注目したいと思います。

 

まとめ

うーん、ひと言でいえは『もったいない』。そしてふた言でいえば『もったいない』と『ナス』。とにかくあの変態ユーティリティプレーヤーを使う隙がないのがもったいない。

ただ、確かにチャンピオンズリーグ登録メンバーから外れた時に怒りを打ちまけ、そしてサッリから信頼されているとは言い難いナスJではあるけれど、では『チャンピオンズリーグ決勝トーナメント登録メンバーから絶対に外れるか』と聞かれれば、その答えは『Yes』とは言い切れないと思ってる。

いまの働き振りを見れば、それこそラビ彦が外れる可能性だってあるし、昨日の記事でも伝えた通り、アバラル君が移籍するなら枠がひとつ空き、そこにセンターバックもこなせるナスJが滑りナスする事は十分に考えられる。

とにかくまだ11月。移籍市場が開く1月までは時間があるし、それまでに何が起こるか分からない。むしろ、イタリアの諺(ことわざ)にあるように『ナス降って地固まる』かもしれない。

 

 

 

そんな諺あるかいっ!

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版