マンジュキッチは古巣バイエルンへの復帰を希望か!?

マンジュキッチは古巣バイエルンへの復帰を希望か!?

マンジュキッチの視線はバイエルンに向いている。

~Calciomercato.com~

 

サッリ新監督の就任により、自身の場所を失ったマンジュキッチ。現在では「合意の上」で練習にも参加していないクロアチア人アタッカーには、マンチェスター・ユナイテッドが興味を示していると言われているものの、選手本人は‘’古巣‘’であるバイエルン・ミュンヘンへの復帰を希望しているようです。

 

所属 試合数(得点)
2015~ ユベントス 117(30)
2014-15 アトレティコ 28(12)
2012-14 バイエルン 54(33)
2010-12 ヴォルフスブルク 56(22)

バイエルンでは54試合で33得点と結果を残したマンジュキッチ。しかし年齢も33を重ね、「ドイツのチームには獲得の意思はない」とも報道されており、「やはり1月に向かう先はマンチェスター・ユナイテッドになる」とも言われております。

これまで数々のゴールと、そしてその戦う姿でユベントスの勝利に貢献したマンジュキッチ。1月に選手本人が望むチームへの移籍を果たす事が出来るのか。今後の動向に注目したいと思います。

 

まとめ

ここまで来ればさすがに「ユベントスに残ってくれ」とは言わないが、せめて「本人が納得するチームに移籍して欲しい」と願うばかり。その行き先は、インテルに移籍したルカクの穴を埋めるべくマン連が有力ではあるものの、ここに来てコバチ監督を解任したバイエルンの新監督にアッレグリ・ヒロシが就く事があれば、「マンジュキッチ獲得」の可能性は少なからず出て来るのではないかと予想する。

マリオ・マンジュキッチ33歳。まだまだ老けるには早いし、まだまだベイビーベイビー出来ると信じているし、まだまだファイヤーーー!しちゃうと思ってる。

行き先はプレミアかブンデスリーガか、はたまた同じセリエAか。いつか対戦してポヌッチとユッティを同時にやっつけるシーンを見たいものである。

ファイヤーーー!

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

スポンサーリンク